| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

パラオ旅行 最終日

最終日は異動のみ。パラオを1:30に出発し、一路グアムへ。この飛行機、毎週日曜日だけ、途中ヤップ島という所を経由するのだが、このヤップ島での乗客の乗降間の時間帯がビックリ!(実は、この事は事前にカープレストランで知り合ったリピーターの方に聞いていたので、ある程度は情報として知ってはいたが…)乗客が降りると、左半分の席の人たちは荷物共々右側に移動させられる。そして、移動して空いた所の掃除が順次始まる。そして、それが終わると、今度は右側から左側に全移動。熟睡していた中での早口の英語のアナウンスで、戸惑いと驚きを隠せなかった。こんなのアリ?

そして、グアムに到着したのは朝6時。往路の反対ではあるが、アメリカへの入国審査を受け、再びトランジットで出国。空港の待ち時間は、今度は殆どなかったが、ヤップでのドタバタ劇があったので、結構疲れた。ほんと乗継便はもう使いたくないとシミジミ感じた。

成田に着いたのは、朝945。あっという間の6日間が終わってしまった。

パラオ!こんな素晴らしい海は初めて!是非もう一度行ってみたいと思った。その時は、金掛かってもボートチャーターして好きなだけ、シュノーケルをしたいと思った。(ダイビングも良いが、時間無制限にできるシュノーケルの方が価値があるような気がした。)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

パラオ旅行 5日目

早いもので実質的な最終日。今日は、インパックツアーのサウスロックアイランドツアーに参加した。

朝食は、結局この日もホテル前のコンビニでおにぎりを買って済ませてしまった。

8:45にホテルのロビーに集合したが、さすがに本格的な年末休暇に入ったせいか、参加人数が多く、この日はホテルの桟橋にボートでお迎えだった。ボートでインパックツアーの事務所まで5分程度。そこから各コースに分かれて、出発。

最初に行ったのは、“クラムシティ”というポイント。ここは魚は決して多くないが、巨大なシャコガイが多数点在するポイントだった。シュノーケリングで観察し、素潜りでシャコガイの近くまで潜水して見た。

P1010726

次に行ったのが、“ビックドロップオフ”というポイントだったのですが、ここ最高でした。

水深2mから一気に600mまで落ち込むポイント。無数の魚たちがまるで花びらの様に見えて、こんな素晴らしい海は、お目に掛かったことありません。

P1010735 P1010736

時間にして30分位シュノーケルを楽しんだのでしょうか…?私にはとても足りませんでした。このインパクトが強烈過ぎて、ホテルに戻ってから、最後にプライベートビーチで泳ごうかと思っていたのですが、印象を深く残したくて、回避させたほどでした。

次に行ったのは、ロングビーチ。本当は砂浜が海の上にポッカリと浮かぶビーチなのですが、12/2の台風のせいで、無くなってしまったそうで、残念でした。浅瀬の状態では残っていましたので、そこで、砂地の生物を観察。

その後、カープアイランドに行って、昼食。

P1010781


このカープアイランドは、『カープレストラン』を経営している岸川浩子さんのご主人でパラオ・ダイビング界のパイオニア岸川格さんが一人で色々施設を作ったという話を聞き、ビックリ!旦那さんは元々ジャイアンツファンだったので、“ジャイアンツアイランド”にしたかったのらしいですが、奥様が広島出身のカープファンで、命名で揉めたらしく、結局その年に優勝したチームの名前を付けるという言わば掛けに出て、その年はカープが優勝してしまったということで、“ジャイアンツアイランド”は幻に終わったという逸話を聞きました。

この島は、数々のダイビングスポットが近傍にあるので、ダイバーとしては、拠点としてとても魅力的なんだそうな。

昼食と休憩を挟み、帰路へとついた。途中激しいスコールに遭ったが、スコールに遭ったのは結局これが最初で最後。ラッキーな天候だった。

ホテルに戻り、夕食は初めてホテルのレストランを利用した。ホテルのバイキングは、メニューが日替わりで、今日はイタリアン!ちょっと和食&パラオ料理に飽きてきたところだったので、丁度良かった。

そして、荷物を片付け、ホテルをPM11時にチェックアウトし、空港へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

パラオ旅行 4日目

今日も朝食はまた御用達のマイマートへ。おにぎり2つと$1.1スーパードライを補充し、ホテルで食べた後、ドルフィンダイビングツアーへ。

ドルフィンダイビングも一か月前に直接予約をしていたが、一日限定4名らしく、今回の行程中、この日しか空きがなかった。

ホテルから、5分ほど歩いた所にあるドルフィンパシフィックのオフィスに行き、そこで申込手続きをし、ボートで10分ほどの所にある施設へ向かった。

まずは、イルカの事を深く知る為の“クロースエンカウンター”というプログラムを受講した。

イルカ達の特性や習性を学び、ジャンプさせる方法や様々な躾について教わった。

P10105042 P10105132

ここまでは、日本でもあるが、ここから先が本日のメインイベント!イルカと一緒に泳ぐというプログラムをやった。

ダイビング器材を装着し、海底まで潜行し待機しているとイルカ達がやってきた。

まずは、水中でイルカにタッチ。

次に、水中でサインを出して、ジャンプ、次に首振り、そして鳴き声を出させるといったことをやらせて貰った。

更にはお姫様だっこならぬイルカだっこ、そして、一緒に水中を泳ぎ、最後はイルカがプレゼントを運んでくれるという一連のメニューをやらせて貰ったが、本当に可愛い。

P1010541 P1010566 P1010604 P1010627 P1010646 P1010662 P1010680 P1010688

こんな経験なかなか出来ないので、大満足だった。

今日のプログラムは、半日で終了だったので、ホテルに戻り、折角なのでプライベートビーチでもひと泳ぎしてみた。

ここにも魚達は居たが、そんなに数は多くなく、一回り観察して終了。

シャワーを浴びて、昼食に行く事にしたが、結局またまた『カープレストラン』へ。

これで3回目。ずっと気になっていたメニューがあったので、最後もう一回行こうということにしていたのだった。

気になっていたメニューとは、『親子丼』!

きっと洗面器みたいな大きさの器に入って出てくるんじゃないかと思い、興味津津だった。

オーダーしてみると予想通り!!一緒に頼んだ焼きそばも凄まじかった。

あとはビールと冷や奴。これで$21ちょっとだから本当に安い!

Pc280249 Pc280251 Pc280250 Pc280248

ホテルに戻り、ウェルカムドリンク券をまだ使っていなかったので、レストランでオーダーした。

私はテキーラサンライズ、かみさんはフレッシュジュースを!

Pc280252

そのあとはしばしホテルでゆっくりくつろいだ。

夜は、初めて街へ出てみた。

WCTCショッピングセンターとDFSギャザリア他へショッピングへ行ったが、結果的には街に出なくてもホテルの前にあるコンビニが実はWCTC系列で、DFSギャザリアもロイヤルリゾート内の売店で同じ物が同じ値段で入手できることがわかった。

他にも商店はあるが、そんなに魅力的なものはなく、別に街にわざわざ出なくても十分ホテルとその周辺で事が足りてしまうというのがわかった。

夕食は、MOGMOG亭へ。

刺身の盛り合わせ、寿司、エビのガーリック焼き、シーフードサラダとオーダー。

Pc280253 Pc280254 Pc280255

店員がしきりにマングローブ蟹を勧めてきたが、別に食べたくなかったのに異常にしつこかった。結局、オーダーしなかったが、不機嫌そうで感じ悪かった。

やっぱり、『カープレストラン』が良い。

帰りは、消化の為に途中まで少し歩き、BBIバスでホテルへ帰った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

パラオ旅行3日目

今日はダイビングDay。

お世話になったのは、パラオロイヤルリゾート内にあるダイブショップ『ブルーマリン』さん。

P1010801

ホテルから移動がないのは何とも楽だ。

しかもセッティングやボンベ交換まで全てやってくれる言わば“大名ダイビング”ゴルフで言えば、キャディー付かそうでないかといった違いだろうか?

一本目のポイントはボートで40分ほど行ったGrassLand(グラスランド)

砂地のチンアナゴの観察やサンゴ礁でのハナビラクマノミ、アカマツカサ等を観察。他にもサメにもお目にかかった。

43分潜水し、終了。最大深度は18.4m。

P1010382 P1010383 P1010388  

二本目のポイントは休憩を約30分程挟み、SiaesCorner(シアスコーナー)。

サンゴが断崖絶壁になっているポイントで無数の魚がいた。

ユメウメイロ、カスミチョウチョウウオ、アカミハナゴイ、サラサハタ、カンムリブダイ、オニテングハギ、オグロハギ、ミヤコテングハギ、アカククリ、アデヤッコ、ロクセンヤッコ、ミナミハタタテダイ、そして、パラオの魚の象徴ナポレオンが優雅に泳いでいた。

もう魚の宝庫ですがな!

二本目は49分間潜水し、終了。

最大深度は18.1m。

P1010396 P1010401 P1010405 P1010408 P1010420 P1010426 P1010432 P1010427

しかし、この二本目は結構焦ったトラブルがあった。

うちの奥さんが、グループを外れ、だいぶ下にいて、周りを確認できていない様子だったことにたまたま気が付いた。(水深深くなると、上下で離れると特に上が見えなくなっちゃうのは、少し前に自分もハグレはしなかったが経験していたのが幸いした。)

そう思っているうちに、グループと逆走し始めてしまった。

『これはやばい!』と思ったが、私も最後方を泳いでいたので、ガイドに伝えるすべもなく、かみさん追いかけつつ、後ろを振り返りながら、グループの他のメンバー達に異常をシグナルで伝えた。

これも見ている方向が逆なので伝わるかどうかはわからなかったが、このままだと自分の視界からも消えてしまうので、もう追いかけるしかなかった。(下手をすれば二人で遭難だが、二人なら冷静な対処もできると思い…)

何とか、追いつき、肩を叩き、方向と深度が違う事を伝えた。

その時点では、周りはブルー一色で人の気配すら感じなかったが、とにかく、感覚で引き戻しながら、徐々に水深を上げていった。

すると、ガイドが『大丈夫か?』とサインを出していたので、『OK』とサインを送り返し、一難を乗り越えたのだった。しかし、この事件は、結構焦った。

 

一旦、ホテルに戻り、3本目は内海に沈む沈没船を見に行った。

ポイント名は、『Helmet Wreck(ヘルメットレック)』ドイツの船らしいが、ヘルメットやガスマスク、酒樽やワイン瓶、操舵室、エンジンルーム、大砲、銃などが残存していて、また違った意味でのダイビングの楽しさを味わった。

P10104512 P1010460 P10104662 P1010470 P1010472 P1010474 P1010478 P1010442_2

初の一日三本。結構きつかった。

ログ付けをしてホテルに戻ったのは、17時過ぎ。

この日の夕食もまたまた『カープレストラン』に、今日は前日食べて、ボリュームが解ったので、ちゃんと考えてオーダーした。

ギョーザと鶏肉と野菜の炒めもの、そして豆腐スープとグリーンサラダ。

Pc270233 Pc270236 Pc270237 Pc270240

しかし、残しはしなかったがこれでもおなか一杯!ビールも飲んで二人で$32。

部屋に戻って布団に入ったら、多分一分と起きていなかったと思う。気絶するほど疲れていたようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

パラオ旅行2日目

12/26 2日目 朝食はホテル出たところのコンビニを利用した。

Pc280247

おにぎりもどきを買って、軽く済ませた。

コンビニでビックリしたのが、スーパードライ!なんと$1.1日本円にしたら100円弱。

パラオの物価はそんなに安くないと聞いていたが、これにはビックリ!!

Pc260246
ホテルの冷蔵庫に入れる在庫も含め、色々買い込んだがこれで$
12.65は安い!

多分、ホテルの朝食バイキングには今回行かないだろう(^^)

本日のツアーは、ジュエリーフィッシュレイクツアー(インパックツアーズ主催)で日本で既に申し込んでいた。インターネット割引があるもので…。

このツアーはミルキーウェイとジュエリーフィッシュレイクそしてロックアイランドのシュノーケルが盛り込まれたツアーだ。

ところで、パラオの海に行くのは、ツアー料金とは別に許可証が必要なのだ。

ロックアイランド海域に出るのには$50、ジュエリーフィッシュレイクに行くのには、更に+$50で10日間有効。

しかも、これ今年(2012年)6月に価格改定になっていて、それまでは前者が$25、後者が+$10だったので、な・なんと3倍に!

Pc290320

しかし、これないと罰金$250だというので、渋々購入。結構バカにならない出費だ。

まずは、ミルキーウェイへ。

ミルキーウェイは、エメラルドグリーンに乳白色を帯びさせた素晴らしい海面を造り出している。

この乳白色は海底に石灰質の泥が沈殿していて、その泥のせいで乳白色を帯びさせているのだった。

早速、素潜りで約3m位の海底に潜り、この泥を手ですくってきた。

すごく重かった(比重大きいんだろうなと思いつつ…)。

そして、船上で泥パック体験。

この泥、絶大な美白・保湿効果があるらしく、『パラオホワイトグレイ』という商品が出回っているらしい。

Pc260256 Pc260260

次に、向かったのがジュエリーフィッシュレイク。

島の内陸にある広大な汽水湖で、水面の下の一部が海水と繋がっているらしく、隔離されていながら、海水と淡水が混ざっているということだ。

ここにタコクラゲやミズクラゲといったジュリーフィッシュがたくさん生息していて、世界でも珍しい所らしい。

ボートを降りて、山道を登って下って10分弱。

ジュエリーフィッシュレイクに到着。

シュノーケリングで湖面を進んでいくと、いるわいるわ!無数のクラゲが…。

このクラゲ毒性は低いらしく、手で触っても大丈夫ということなので、早速タッチ!!

クラゲというと怖いイメージがあったが、なんか愛らしい感じだった。

Pc260262 Pc260291 

Pc260276_2 Pc260301

そして、近くの無人島で昼食をとってから、その島でシュノーケリング。特段珍しい魚は居なかったし、魚の数も多くはなかった。あくまで、食事のついでだし、食後の運動がてらという感じだった。

そして、次のポイント(パラダイス・コーナー)に到着し、シュノーケル。

ここには無数の魚が居た。

ここでナポレオンフィッシュと自然の中で初めてご対面ができた(写真は上手く撮れていないが…)のと、素晴らしいバラサンゴを見れたのが印象深かった。

Pc260374 Pc260376_2 Pc260339 Pc260344 Pc260363 Pc260349
帰り道、ナチュアルアーチと旧日本軍が太平洋戦争時代に使っていた大砲が残っており、それを船中から見せてもらった。

沖縄でも思ったが、戦争でこんな素晴らしい所に来たくはないものだ。

平和な国の良さを改めて痛感した次第…。

Pc260378_2 Pc260385

ホテルに戻り、着替え夕食へ出かけた。

夕食は、高いホテルのディナーは回避して、歩いて5分ほどにある『カープレストラン』に行った。

Pc260386
このレストランは、広島出身のおばあちゃん(このおばあちゃん『岸川浩子』さんはパラオ・ダイビング界のパイオニア岸川格さんの奥様ということ)が切り盛りしている。

オーダーは、刺身の盛り合わせ、タピオカの炒め物、タロイモコロッケ、魚のスープを頼んだが、値段の割には量がビックリするほど多く、腹一杯になってしまった。

Pc260388 Pc260389 Pc260390_2 Pc260392
後から来た日本人のお客様達(広島、埼玉、大阪の方3組との方々)とも、量の多さで意気投合?してしまい、大盛り上がり。

またお店の方も広島の家族が頼んだコウモリスープのスープになる前の『そのもの』を持ってきてくれたので、それでも大盛り上がり。

Pc260394

みんなで自分の頼んだものが食べ切れず、シェアし合って色々な話で盛り上がった。

ということで、疲れと満腹感で21時には熟睡してしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

パラオ旅行初日

今年の年末はパラオ6日間の旅に行くことにした。

12/25成田11:10出発のユナイテッド航空で出発。

Dsc_0151

グアムに到着したのが、14:30。グアムはアメリカ。パラオはパラオ共和国なので、一旦アメリカの入国審査を受けてから、ここで、パラオ行きに乗り継ぎ。この乗継時間が覚悟はしていたものの4時間もあり、時間潰しに苦労した。空港外に出掛けてしまうには中途半端だし…。結局、待合ロビーでひたすら読書。一冊読み切ってしまった。子供が一緒だったらと思うとゾッとする。

グアムを飛び立ったのは、18:30。パラオに着いたのは20:30(時差を入れて3時間)。ホテルに着いたのは21:30と家を出たのが7:30頃だから、行くのに延べ14時間も掛かり、もうクタクタ。

今回泊まったホテルは、パラオロイヤルリゾート。ホテル内のありとあらゆるところにイリミネーションが施されていて、とても幻想的な空間。クタクタになった身体がちょっと癒された。

Pc290304 Pc290306

Pc290307_3 Pc250241_2

夕食は、ホテルで軽くビールと焼うどん、サラダを食べて終了。でもこの焼うどんが結構軽くなかった…。(パラオの食事はどこもボリューム満点)

Pc250240

そんなこんなで第一日目は終了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

沖縄慶良間・阿嘉島へ~2012年PART1

今年の夏休みは8月16日~20日に設定してました。微妙にずらして、安く行こうという計画です。

初日は13:05羽田発の飛行機で那覇へ。宿泊は、国際通り近くのゲストハウス『ロハスヴィラ』です。一人一泊2,800円と過去最低価格で宿泊しました。部屋は全然金額相応ではなく、十分満足できるものでした。

荷物をホテルに置き、早速牧志の公設市場へ。

いつもの通り、メカジキの刺身と生ビールでかんぱ~い!

01_5

初日はこれがメインでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

真夏のゴルフ2012

今年も恒例の真夏のゴルフに行ってきました。

今年のコースは千葉セントラルゴルフクラブgolf

なんでも創立34年目らしく、入口には“お陰さまで34周年”というどこかで聞いたようなキャッチコピーが貼り出されていましたdelicious

また正面玄関には、1978年製のハーレー・ダビットソンのゴルフカートが展示してありました。3輪車だったのですねhappy01

Ca3j0088

土曜日なのにプレー代9,500円は安かったです。コースもそんなに悪い訳でもなく十分満足できました。

それにいつもこの真夏のゴルフは熱中症との闘いなのですが、今回は曇りベースでちょっとにわか雨があった程度で、この時期としてはベストコンディションだったかと思います。

そして、今回のスコアは52+52で104!へたくそな私としては自己ベストに近い好成績。しかもボギーオン率は16.7%、パーゼロとここ一年の中では最低でしたので、我慢のゴルフだったと言えましょう。

何はともあれ、104っていつ以来かなぁと調べてみると、実に5年振りのようです。今年はまだ120超がないし、もしかしたらワンステップ上がれたのでしょうかconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今夏初めての海へ

今年の夏、初めての海へ出掛けた。

行ったのは、三浦半島油壺の横堀海水浴場!

P8020041

近場で綺麗な海を求めてみたが、やはりそれは無理な注文だったようだ。

海水浴場としては、こじんまりとしていて、混んでもなく、中々穴場だったのだが、

水質がやはり望みの物には程遠い…。勿論、湘南あたりに比べれば、全然綺麗だとは思うが。

やっぱり近郊で満足する為には、南伊豆まで行かないとどうもダメなんだということを改めて認識した次第。

結局、海には入ったものの、頭も濡らさずお茶を濁して終了happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

最期のレバ刺しを堪能

いよいよ食べれなくなってしまうレバ刺しweep

P6260278

最終週火曜日と土曜日(最終日)二回堪能しました。美味しかったなぁ…lovely

こんなに美味しいものが食べれなくなってしまう日本annoyなんか変punch

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ピアノを視察しに町田の島野楽器へ

仕事が終わったのは、もう18時過ぎin町田でしたが、今日は元々予定していた中古ピアノを見に町田の島野楽器ムードダッシュ(走り出す様)狙っているピアノが2009年製で定価より30万安い目隣にあった新品と中古のピアノの上に30万の札束を想像して置いて比較してみた。やっぱり俺は30万の札束付きの中古が良いcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

フェイスブック上場に合わせ登録

フェイスブックってよく聞くけど、一体どんなもんなんだろうと、ずっと思い続けていましたが、今回、米株式市場にフェイスブックが上場されたニュースをきっかけに、取敢えず登録してしまえ!と思い、登録してみました。

登録したものの、このココログブログやミクシィとの使い分けがどうもスッキリせず、悶々としていますが、まずは色々チャレンジしてみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

金環日食観察

今回の金環日食は、2009年7月の奄美大島での皆既日食が観れずに苦渋を舐めたこともあり、何とかリベンジしたく、気合を入れていました。(もちろん仕事はお休みとずっと前から決めていました)

前日から、天気図と雲の様子、そして天気予報と睨めっこ。関越道、中央道、東北道を走れば、雲の切れ間に遭遇出来そうという結論に至りまして、選んだ道は関越道にしました。

気象衛星の雲の流れから見ると、東松山辺りまで行って、陣を張り、万が一の場合は、最北渋川伊香保まで走れば取り返しがつくという公算で計画をしました。

自宅を1時40分に出発!そして、東松山I・C手前の高坂SAに3時近くに布陣しました。4時を過ぎると明るくなってきましたが、天上は雲もなく、東側も30°近辺にも雲が無いので、これなら行けそうという期待が持てました。

P1000944


そして、6時過ぎについに金環日食のスタートです。

徐々に徐々に掛け始め、ついに金環状態に!…大感動でした。

写真は、デジカメに日食グラスを取付け撮りましたのであまり画像が良くありませんが、一応記念にパチパチと撮っておきました。でも、裸眼(日食グラス通しての)での絵が今でも忘れられません。

B0644 B0710

B0722_3 B0726

B0735

ようやく一つの念願が叶いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ダイバー研修二日目

ダイビング研修も今日は2日目。いよいよ実地研修ということで、沖縄の奥武島で実際に潜る練習をしました。

P1000887

まずは、機材の組み方から始まり、降下、浮上、静止などやりましたが、習う事全てが初めての事ばかりで、右往左往…。一番参ったのが、呼吸速度。あまり早く呼吸すると、圧縮空気があっという間に無くなってしまうんですよね。今迄はシュノーケルという空気が大量にというか無制限にある環境の中で泳いでいましたので、全く気にしていませんでしたが、ダイビングの場合は限りのあるボンベですので、スピードをゆっくりしなければならず、これが慣れずに苦労しました。

それでも、何とか付いて行き、予定の講習を終えることが出来ました。

帰りは、奥武島名物“中本鮮魚店”のてんぷらを買いに行くという計らいをダイビングスクールの講師の方がしてくれまして、もづくといかの天ぷらを購入して、お腹が空いていた事もあり、早速食べてしまいました。

P1000889

夜は、またまた牧志公設市場に行き、そしてまたまたメカジキの刺身で一杯!でした。全く毎日でも飽きないんですよ。私は…。

P1000890_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ダイバー研修一日目

前夜の悪夢から一夜明け、眠い目をこすりながら、朝何とか起きて、今日の研修(学科研修)に臨むべく、準備をしておりました。

すると、ダイビングスクールから連絡が入り、ポートのトラブルがあり、本来講師を務める人間がその対応に回らなければならなくなった為、研修の予定は夜に変更して貰い、昼間は市内観光でもしていて下さいという連絡が入りました。昨夜に続き、またまたトラブル!!どうなっているんだ今回の旅行は!と思ったと同時に、一体どんだけトラブルに巻き込まれるのかと不安になってしまいました。

とはいえ、どうにもなりませんので、取敢えず市内観光と言っても足もないし、また昨夜の寝不足もあったので、ホテルで少し仮眠する事にしました。

午後になり、いつまでもホテルでゆっくりしてしても何だし…夜研修という事もあるので早めの夕飯も食べてから行こうということで、国際通りに繰り出しました。

まずは、公設市場通りを散策。もう見慣れた風景ではありますが、新しいお店やら、新しい商品も目に入り、色々物色。今回、ピックアップしたのは琉球醤油屋の塩醤油 中々の逸品で、お湯で薄めて飲むだけでも美味しいのですが、色々なものに合いそうなので、一本購入して来ました。また、ご存じ“海人”Tシャツも色々進化していたので、一着気にいったものを買いました。あとは、沖縄のお線香が目に止まり、これも購入!本土の線香とは異なり、平べったい形状なんですよ。

P1000880  P1000871


そして、散策を済ませた後は、公設市場に行き、夕飯の魚を物色しに行きました。

公設市場は一階の魚屋で購入した魚を二階の食堂で食べれるので、とても鮮度のいいものが食べれます。

P1000874 P1000876


色とりどりの魚達がいるのですが、私はここへ来ると決まって“メカジキの刺身”を食べるのが、定番なのです。脂が乗って最高の味です。

P1000884 これで1000円です。

さて、腹ごしらえも済み、ホテルに戻り、18時にようやくダイビングスクールの車がお迎えにきました。ホテルから15分くらいの所にあるスクールの事務所で研修開始です。

宿題の確認と弱い所を再度教えて貰った後、筆記試験が始まりした。(正直筆記試験があるとは思ってはいませんでした…)50問中38問以上正解で合格という事でしたが、46問正解しまして、筆記は何とかクリアすることが出来ました。

講習が終わったのは、もう22時近く。ホテルに帰って、寝酒を飲んでパタンキューでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

悪夢のフライト!!嘉手納基地に臨時着陸

今年のGW旅行は、沖縄!

今回の目的は、ダイビングライセンスを取ること!ということで、思いっきり遊びという訳にはいかない予定で行ってきました。

今日は、仕事を終え、ANAの最終便で那覇入りする予定でした。ところが、これがとんでもないことに…。

羽田20:00発那覇22:30着のフライトだったのですが、まず羽田離陸前に座席に不良があるため安全の為、修理しますので…というアナウンスが流れ、40分遅延し出発。

離陸後は、寝不足もあり、爆睡モードsleepy殆ど起きることもなく、2時間が経過した位の頃、『只今より、本機は羽田空港に着陸致します』と聞いたような気がして、パッと目が覚めたのです。『えっ?羽田空港??』と耳を疑い、何かあって引き返したのかと一瞬思ったのですが、よくよく聞きなおしてみると、『はねだ』ではなく『かでな』と言っていたことがわかりました。

でも『な・なんで嘉手納?しかも米軍基地??乗っ取り???』と寝ぼけ眼でキョトキョトしていると、改めてアナウンスが掛り、『那覇空港が23:00~1:30まで滑走路の工事で着陸できず、嘉手納基地に臨時着陸する』というのです。

機長も、色々弁明していましたが、要は、羽田出発が40分遅れたが、①飛行時間短縮で23:00にギリギリ滑り込む②那覇空港から一時間前までに連絡をすれば、何とか着陸できるという情報が出ていたという2つの理由から、羽田を飛び立ったとの事のようでした。でも、結局時間も間に合わず、遅れたので絶対に着陸させないという話の分からない国土交通省の役人の一点張りの見解で、やもなく嘉手納基地へ着陸したようでした。

嘉手納は米軍管轄ですので、そこから飛行機降りてバスという訳にもいかず、ただただ機内で待機という始末でした。まぁ、嘉手納基地なんて着陸する経験はなかなかないので、これはこれでちょっと興奮heart04

結局、嘉手納から飛び立ち、那覇に着いたのは、2時位。飛行機降りるときに、飲み物やらお菓子やらを振る舞い、更に遅延したことに対する車代と食事代で一人5,000円を支給。更には空港出口ではマクドナルドのハンバーガーと飲み物を配布。どっかのおばちゃんが『ポテトはないの!!』と言っていたらしいがそれには思わずバカ受け!!

空港からは、元々タクシーで、宿泊先の那覇セントラルホテルに移動する予定でしたが、みんながタクシーしか移動手段がないため、タクシー行列も凄まじい列。結局ホテルに着いたのは3時近く。ヘトヘトになった一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今年二回目のゴルフ

今年二回目のゴルフは、久々の市原カントリー倶楽部市原コースへ行ってきました。前回は久々のハーフ48(トータルは110)という好成績が出たので、期待に胸を膨らませ行ったのでしたが、結果は53+57でまたまた110。戦前の予想は大胆にも自己ベストのはずだったのですが、残念な結果に終わってしまいました。

でも、これで今年のゴルフは一回目110,二回目110と平均110で、これはこの5年ぐらいのアベレージと比べると6,7打は良い感じに収まっています。

何とかこの調子をキープして、年間アベレージの記録も更新したいものですhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

久々の試験勉強

今年の一つの目標『ダイビング免許を取る!』という計画の中、今朝オープン・ウォーター・ダイバー免許のテキスト教材が送られてきました。正直、ダイビングの免許取得にこんな分厚い(約250ページ)テキスト勉強や筆記試験があるとは、とても思っていませんでした。

しかし、時間もないので、朝11時から一気にこのテキストの勉強と問題集をこなし、何とかかんとか一通り頭に詰め込んでみました。

でも、ダイビングって、泳げれば簡単そうですが、意外とそうではないんだということも痛感させられました。シュノーケルなら、水面をプカプカと浮いているだけなのですが、ダイビングとなると、水深何メートルあるいは数十メートルと潜るので、内臓にとんでもなく負担が掛るようです。例えば、肺の中の空気は、水深が深くなれば水圧により圧縮されますし、浮上すれば膨張するというような事があり、これを急激に浮上などしてしまうと一発で窒素が体内に溶け込み大変なことになるようです。

ダイビングを侮ってはいけないと痛感させられました。よく体験ダイビングってありますが、あれはあくまでもインストラクターの方々が、その辺を調整してくれているだけで、なんでも自分自身でやるこのダイビングは操作を誤れば、死に至ることさえあるそうです。

何とか、試験勉強は終わりましたが、また気持ちを引き締め、目標に向かってやっていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

創立第4期の決算報告会

今日は、会社の決算報告を受けに顧問税理士の事務所へ行ってきました。

第4期はチョットだけ増収。経常利益はお陰さまで大幅アップという好決算で。ついについに法人税を初めてまともに支払う事となってしまいました。また第4期目ということで、今迄貰うだけ貰っていた消費税もいよいよ支払う事に…。(当たり前なのですが…)

なんやかんやと税金合算していくと70万近い数字に…。

うーん、今までは最低限しか払っていなかったけど、ちょっと節税対策考えないと、一生懸命働いて稼いだ利益が税金で持って行かれるなんて、なんか勿体ない感じがしてしまいます。

でも、わが社は消費税申告に簡易課税制度っていうのを使っているので、計算上の消費税差額が生じて、30万近い雑所得が経常出来たのです。これは、汗流して稼いだ訳ではないので、特別ボーナスみたいなもんでしょうかlovely

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

«今年の初ゴルフ~2012年