« 猛暑の中のゴルフラウンド | トップページ | 群馬へ梨狩りに »

朝霧高原キャンプ

夏休みの最終イベント“静岡・朝霧高原”でのキャンプツアーに行ってきました。

今回のキャンプは、末娘の同級生3家族が集まってのキャンプ。子供は一番楽しみにしていたイベントです。予約をしたキャンプ場はACN朝霧高原キャンプ場(http://www13.plala.or.jp/asagirikougen/) 2泊3日の旅です。

集合は、8月25日(土)だったのですが、我が家は朝起き苦手渋滞苦手なので、前日の夜に出発し、富士宮にある温泉施設富嶽温泉花の湯http://tokinosumika.com/hananoyu/に前泊仮眠することにしました。料金設定は若干高めですが、ゆっくり温泉三昧が出来たので良かったかと。

それよりも感動したのは、温泉に行く前に近くのカッパ寿司に行ったのですが、①回転寿司+個別オーダーはタッチパネルを採用②旬なサンマ寿司があってネタも大きく大変おいしかったこと③個別オーダーを発注すると通常の回転寿しラインではなく、別ラインで新幹線が運んでくることにびっくりしてしまいました。

翌朝、8時30分に出発し、集合場所の富士市砂山公園にある富士マリンプールhttp://www.fuji-kousya.jp/marine/に移動しました。9時丁度に着きましたが、すでに行列ができ、大変な人だかりでした。プールは、流れるプール、波のプール、ウォータースライダーにチューブスライダーと多種多様。流れるプールも場所によって水深が変わるという面白い説計で、皆楽しめました。これで入場料が大人500円子供300円ですから、都内のイモ洗いプールに高いお金を出していくくらいなら、こっちの方がよっぽど良いかと思います。

キャンプ場の設営もしないといけないので、一日中遊んでいたかったのですが、12時前には撤収し、途中昼食を取り、キャンプ場へ移動しました。毎度の事ですが、設営はほんとに大変です。そして、今回は3家族3サイトの設営なので、共有部分なども考えながらの設営となり、普段以上に大変だったと思います。

それでも、何とか設営を終え、夕食の準備へ。今日はバーベキューです。炭を起こし、スペアリブ、日向地鶏、牛カルビなどを焼き、皆で一杯やりながらの夕食。ほんと格別な味でした。夕食後は、花火大会。子供達は疲れ果てて、テントに入った後、あっという間に寝てしまいました。

二日目は、朝食後に近くのハートランド朝霧http://www.asagiri-kantoku.com/に行ってきました。この体験型牧場中島さんこと“監督”が大変面白い人で、子供達はおおうけでした。まずはガイダンス。堅い話は全くなく、子どもたちが打ち解けやすくなる雰囲気を作ってくれます。そのあと、大草原に牛にあげる餌を取りに行きます。餌は当然そのあたりに一杯ある草です。

ここでちょっと余談ですがこのハートランド朝霧は、キャンプ場も経営しているのですが、そのキャンプ場の中を通って、草原に行ったのですが、中にはトムソーヤの小屋や牛小屋を改造した食堂、そしてびっくりしたのが露天風呂!なんと草原(キャンプ場)に向って全面大解放!!なんです。しかも、その露天風呂の中にはブランコが…。監督曰く“フリチンブランコ”と言っていましたが、子供でないととても乗る勇気はないですね。

草原で採取した草を持って牛小屋へ移動。子供達は「うっー、くさい」と言っていましたが、そのうち慣れたようで気にしなくなったようです。ここで、牛に餌をあげるのですが、牛は餌を差し出すと長い舌(これが牛タンですね)をにゅるーと出し、草に近づけます。ここで子供達はまた「キャー!」と絶叫、結構ビビっていました。次は乳しぼり、しぼり方を監督からご指導頂きいざチャレンジ。みんな結構うまくできました。生まれたばかりの子牛もいたりして、楽しい牧場体験ができたようです。最後は、バター作り体験。牛乳を瓶の中に入れ、一生懸命5~10分くらいシェークします。そうすると、固形物ができるので、それだけを抽出、塩をちょっと混ぜ完成。出来立てのパンにつけて皆で頂きましたがとてもおいしかったです。

この牧場、結構テレビの取材を受けるようで、銭金やでぶやなどに監督が出演しているんだそうです。今度は思いっきりテレビに31日に出ると言っていました。

最後にアイスクリームを食べて、監督に教えてもらった“富士風穴”に行くことにしました。富士の樹海の中にあるのですが、ほとんど観光化されていないので、知る人ぞ知る秘境のようでした。何も目印のない駐車場に車を止めて、樹海の中を5分くらい歩いた所にありました。最後石段を降りていくと急激に寒くなり、まさに“天然の冷蔵庫”でした。

ここで一足先に帰る一家族と別れ、キャンプ場に戻りました。戻った後は温泉へ行くことにしました。近くの朝霧高原グリーンパーク内にある天然温泉です。そんなにすごい温泉ではありませんが、空いていた(貸し切り状態だった)のでゆっくり入ることができ、満足でした。

そして、戻って夕食作り。今日はキャンプの定番「カレー」です。今回は、ホワイトカレーを作ったのですが、後片付けの際、カレー色に悩まされるのですが、ホワイトカレーはその心配がないので、ある意味キャンプ向きかもしれません。

最終日、朝6時前から子供達は起きて、もう遊んでいます。(テンション高い!)朝食はパン食でした。食事後、撤収作業スタート。大変ではあるものの、設営に比べれば楽ではありました。

ここで、解散し、我が家は最後に富士宮市民プールhttp://www.city.fujinomiya.shizuoka.jp/e-sports/pool.htmへ行きました。ここは初日に行った富士マリンプールよりは小規模ですが、流れるプール、ウォータースライダー、チューブスライダー等があり、入場料金大人420円子供210円はまさに激安です。時間にして3時間ほど遊んだあと、子供がもう帰ると言い出しました。変だなぁ~と思ったら、どうも眠かったようで、車に乗った瞬間寝てしまい、とうとう東京の我が家に帰るまで起きませんでした。考えてみれば、朝6時前からずっとハイテンションだった訳で当たり前と言えば当たり前ですよね。

そんなこんなで夏休み最後のイベントも無事終了しました。

|

« 猛暑の中のゴルフラウンド | トップページ | 群馬へ梨狩りに »

旅行・地域」カテゴリの記事

旅行記」カテゴリの記事

おでかけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝霧高原キャンプ:

« 猛暑の中のゴルフラウンド | トップページ | 群馬へ梨狩りに »