« 八重山諸島旅行part2~黒島へ | トップページ | 八重山諸島旅行part4~西表島から竹富島へ »

八重山諸島旅行part3~西表島へ

今日は、二泊した石垣島のホテル「スリープイン石垣島」を引き払い、西表島へ移動しました。荷物も多かったので、離島桟橋まではタクシーで移動することに。ところで、石垣島のタクシーは安い。初乗り390円なんです。なんか申し訳ないけど、一応「離島桟橋まででいいですか」と尋ねタクシーに乗り込みました。

西表島までは、石垣島から40分。二つある港のうち上原港の方へと向かいました。そして、07080107_002_2 07080107_003_4 今日はレンタカー。西表島は起伏もあるし、何よりも広いので自転車は無理なのです。サザンレンタカーという店で車を借り、出発。しばらく走るともう熱帯林だらけ。道路標識にはあちらこちらにイリオモテヤマネコ注意の看板が!結構、車にひかれてしまうらしいんです。ただ、イリオモテヤマネコは夜行性なので、深夜の事故が多いんだそうです。最初の訪問地は大見謝ロードパーク。パーキングには展望台、河川への降り口、マングローブ林の散策路などが整備されており、束の間の休憩を楽しく過ごせました。

07080107_016_307080107_004 次は由布島へ。由布島は西表島に接していますが、橋はなく、海の浅瀬を水牛車で渡っていきます。由布島の中にも水牛やいろいろな動物がいるようですが、これといったものはなく、水牛車に乗ることがメインでした。水牛は何でも発汗することが出来ない為、水の中に入っていないとダメなんだそうです。故に水牛の休憩所は池でした。それと、この水牛たちは皆家族らしく、由布島のレストハウスに家系図が掲示されておりましたのにはビックリ!07080107_006

ご先祖様は、昭和22年生まれの大五郎さんなんだそうです。当然、もう他界していますが…。その他にも「おすぎとピー子」もいたり、名前を見ていると面白いもんですよ。

次の訪問先は、西表野生生物保護センターへ。ここは、西表島に生息する野生生物の生態調査や保護を行っている施設なのですが、必見なのはイリオモテヤマネコの剥製です。

07080107_018_207080107_02107080107_022_3 何とも愛らしいではありませんか!また、このセンターでは、交通事故に遭い、怪我をし、保護をされたイリオモテヤマネコも飼育し、野生復帰を目指していました。その様子は、モニターでしか見ることできませんが、モニター越しに本物のイリオモテヤマネコを見ることが可能です。

保護センターを後にして、昼食場所を探しました。南風見茶屋というお店(カフェ)があったので、入ってみました。メニューに手打ちラーメンという文字が!沖縄料理ばかりなので妙に懐かしく、これをオーダーしてみることにしたのですが、14時だったせいか“売り切れ”。結局、ピザとジャージャー麺を食べました。食事はちゃんとした時間に食べないといい事ないですね。

07080107_02607080107_024 道中、仲間川という川があり、その橋に架かる橋にイリオモテヤマネコ像があったので、車を止めて記念撮影することにしました。なかなかかわいいモニュメントです。

07080107_028 次の訪問先は古見のサキシマスオウノキ群落です。サキスマスオウノキという木は根っこが板状なんです。昔はこれを利用して舟舵を作ったりしたそうです。珍しい植物があるものです。

07080107_03507080107_036_307080107_033_3

本日、最後の訪問先は日本最南端の温泉、西表島温泉です。プールや水着で入る露天風呂などがあり、家族一緒に楽しむことができます。毎日、海水浴では飽きてしまいますので、気分転換にこのプールで泳ぐのも良いかと思います。また温泉も最高でした!

今日の宿泊は、上原港からほど近い「民宿パイン館」でした。私たちの泊まった部屋は、洋室でした。考えてみると民宿で洋室というのは“初体験”でしたね。布団の上げ下ろしをしないで済むのがちょっと楽かなと…。かみさんと子供を民宿に置いて、私はひとりでレンタカーを返却しに港へ行きました。帰りはレンタカー屋が民宿まで送ってくれました。戻ってからは、洗濯タイム!一週間の旅なので、途中で一度は洗濯しないと荷物が一杯になると考え、ここの民宿が洗濯機タダで使えたので、この日を選択デーに設定していました。そんなことをしているうちに夕食タイムに。この民宿の食堂は、パインの形をした建物で非常にユニークです。夕食も御馳走で特に印象に残ったのが、もずくの天ぷら!絶品でした。

夕食後は、近所を散策してみましたが、フルーツの無人販売が多数ありました。無人販売といっても出ているものは超一流。なんせマンゴーもあるくらいですから!(100円ではないですが)折角なので、パインとマンゴーを2個購入し、民宿の方に切って頂き、早速デザートで食べてみました。とても美味しく感激でした。

07080107_00107080107_002_2 それと、ここの民宿には犬が二匹飼われており、大変かわいらしく、皆に可愛がられておりました。名前は「ハッピー」と「マル」。うちの子供は大ファンになっていました。

さて、明日の予定なのですが、民宿から徒歩又はバスで星砂海岸、浦内川観光に行こうと思っていたのですが、民宿の方に聞いてみるとかなり厳しいことが判明しました。(距離的にも時間的にも)悩んでいたら、隣の民宿「さわやか荘」がレンタカーをやっているとの話を聞いたので、それを借りて回ることとし、急遽予約をした所、車も空いていて予約OK。これで明日の心配はなくなりました。(さわやか荘とパイン館は親戚らしい…)

|

« 八重山諸島旅行part2~黒島へ | トップページ | 八重山諸島旅行part4~西表島から竹富島へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

旅行記」カテゴリの記事

おでかけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八重山諸島旅行part3~西表島へ:

» 西表島温泉 [沖縄県の温泉ブログ]
沖縄県八重山郡竹富町、日本の最南端かつ最西端にある温泉、ジャングルの中にあり、自然を体感しながら入浴、屋外の露天風呂は水着着用。泉質はナトリウム・カルシウム−硫酸塩泉。効能は、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺など。泉温は37度。関連キーワード:「那覇天然温泉」といえば、「西表島温泉」といえば、西表島交通,古見,豊原,由布,西表島,白浜,cccccc,内川,大原,おも,上原,島内,bgcolor,つう,浦,温泉,浜,バス停,運賃,乗降,ホテル,入口 日本最南端 西表島温泉 ........ [続きを読む]

受信: 2007年11月19日 (月曜日) 午前 10時56分

« 八重山諸島旅行part2~黒島へ | トップページ | 八重山諸島旅行part4~西表島から竹富島へ »