« 岩手紅葉&ゴルフ旅行記 part2 | トップページ | 『続・3丁目の夕日』を鑑賞 »

岩手紅葉&ゴルフ旅行記 part3

いよいよ最終日!朝目覚めると、昨日は雨と霧で全く見ることのできなかった周りの景色が一望できましたが、これがまた紅葉で奇麗な事奇麗な事。起きて早速朝風呂へ。最後の『洋風風呂』へ入って全制覇!露天風呂からの紅葉の景色が最高でした。今日はお昼にわんこそば食いたいとわがまま言っていたので、ホテルの朝食バイキングはそこそこに。

チェックアウト後に、ホテルで、もみじ狩り。

002_2

まずはホテル森の風の中庭にあるもみじです。

007 次にホテルから見た隣のゴルフ場(八幡平GC)の景色。良いですよね。こんな中でプレーすれば、ベストスコア間違いなし!(そんな訳ないか…)

011 それから、正面玄関から望んだ山の紅葉です。

ほんと、紅葉って奇麗ですね。

さて、そんなホテル森の風を後にして、盛岡市内へ移動し、人生初体験のわんこそば屋へ。行ったお店は、盛岡地区営業担当Y氏お勧めの老舗の蕎麦屋で、明治17年創業の『直利庵(http://www.rurubu.com/sight/sightdetail.asp?BookID=23520300)』です。よく何杯食べたとかっていう話を聞きますが、一杯がどのくらいの量かもわからないので、事前にはどのくらい食べれるかは全く見当がつきませんでした。因みに岩手在住の同伴者二人はわんこそばは絶対食べないと付き合ってくれませんでした。が、何故かたくなに付き合ってくれなかったのかは食後明らかになりました。

016_3 薬味も揃い準備万端!さぁースタートです。付け汁があるのかと思いきや、既にそばにそばつゆが絡められていて、要らないんです。一杯に入っている量はほんとに一握りで、大した量ではありませんでした。それを写真のようにお店の人が掛け声とともにどんどん入れてくるんです。それでも楽々十杯を完食し、「これ意外と行けるかも…」と思いました。40~50杯を過ぎたあたりでしょうか?昨日、ゴルフで133叩いたので、目標133杯とみんなに宣言してしまいました。この一言が命取りになるとは…。019_2

 そもそも、最高記録が200杯ちょっとらしいのですが、男性の平均は60杯くらいらしいんです。それでも、ついに100杯到達!まだまだ全然いけるぞ!と思ったのもつかの間。120杯を過ぎたあたりから、急激に喉の通りが悪くなり、125杯を超えてからは更に…。それでも観戦を決め込んでいるYさんから「さすがですねぇ~。その目標達成意欲は!さすが私達の元上司ですねぇ~。」などと言われ、負けず嫌いの私の闘争心を更にかりたたせ、何とか130杯に到達。ここから先は地獄でした。たった3杯なんですが、されど3杯!ほんと超ー満腹の時は一握りのそばも入らないんですね。それでも何とか133杯到達!祝!100杯超えた時は切りのいい数字で終わらせようなんて考えていましたが、“ムリッ!”素早く蓋を閉めて終了としました。もう苦しくて苦しくて車に乗る気もしませんでしたので、少し外を徘徊しそばを下に下げようとしたのですが、なかなか楽になりません。結局、この苦しさこの後東京まで続き、満腹感はその日中続く羽目になりました。同伴者が食べなかった理由がよくわかりました。

しかし、わんこそばは旅行の最終日がお勧めです。これ食べた後、ホテル行ったら美味しい物も食べたくても食べれない事になります。生涯一度経験させて頂いてもう満足です。二度とチャレンジすることはないでしょう!たぶん…。

最後にとんでもない経験を致しましたが、とても楽しい3日間でした。

|

« 岩手紅葉&ゴルフ旅行記 part2 | トップページ | 『続・3丁目の夕日』を鑑賞 »

旅行・地域」カテゴリの記事

旅行記」カテゴリの記事

おでかけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岩手紅葉&ゴルフ旅行記 part3:

« 岩手紅葉&ゴルフ旅行記 part2 | トップページ | 『続・3丁目の夕日』を鑑賞 »