« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

別府・由布院旅行記part3

早いもので今日がこの旅行の最終日となった。しかしながら、あいにく天気は雨…。本当は阿蘇をドライブと思っていたのですが、この天気では、きっと雲の中を走る事になると思い、断念しました。

今回は、母と一緒という事もあり、母の行きたい所に行かせてあげようと思い、聞いてみると『湯布院美術館!』あいにく、私も含め、他の4人は美術の趣味を持ったメンバーはいませんでしたが、まあこれも親孝行、ばあちゃん孝行ということで説得し、みんなで美術館へ行くことになりました。母は、食い入るように見学していましたが、他のメンバーはほぼ素通り…。豚に真珠な入場料を払ってきました。でも、その中でも万華鏡の展示は美術才能ゼロのメンバーでもちょっとは気を引き、その美しさに感動しました。

003_2004_2007_2 次に向かったのは、湯布院フローラハウスです。温泉の熱を利用した温室栽培園で色々な花を見ることができます。これも母の趣味です。珍しい胡蝶蘭を食い入るように眺め、欲しいけど持って帰れないよねぇ~と悔やんでいました。我々は“花よりだんご”ハーブティーを御馳走になり、フローラハウスで飼っているワンちゃんと戯れ、時の経つのを待ちました。

すっかりご機嫌になった母を見て、まあ良かったかと自問自答。次に退屈そうだった娘たちにもストレス発散してあげないとと思い、娘たちの大好物の温泉に行こうと提案しました。すると、こちらもご機嫌となり、企画成功という所ですか!行き先は、別府に戻る事にしました。但し、初日に行った温泉とは違う鉄輪温泉にあるひょうたん温泉へ行きました。017 018 ここでは、砂湯にも入れるということだったので、折角なので砂湯体験をしてみようという事になりました。砂湯は+200円という料金だったので随分安いと思ったのですが、入ったらその理由がわかりました!砂は自分で掛けるんです。滅茶苦茶大変でした。『これは砂湯だけど砂湯じゃなーい!』いつか指宿に行けたらほんとの砂湯体験しようと心に誓った次第です。

それでも温泉にゆっくり入って、昼食もここで済ませていたら、あっという間に15時。そろそろ大分空港に行かねばならない時間になってしまいました。

あっという間の3日間でしたが、いい親孝行できたと思いますし、みんなもそれぞれが満足できた旅行だと思います。年末年始の価格高騰期には絶対に行けない大名旅行でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

別府・由布院旅行記part2

別府・由布院旅行2日目の朝、昨夜も入ったホテルの露天風呂『棚湯』へ。なんと、夜は気がつかなかったのですが、この棚湯、別府湾から昇る日の出が見えるのです。最高の露天風呂でした。

チェックアウトを済ませ、タクシーで地獄巡りの残りを見物しに行きました。

004003002 まずは坊主地獄へ。灰色の泥状の池からボコボコと温泉が湧き出ています。中に入れば、全身泥パックができそうですが、そんな人はいませんでした。ここにも、足湯があるのですが、ちょっと変わった足湯で、椅子が背もたれ式(写真は倒れている状態ですが、持ちあげると背もたれになります。)になっているんです。更にザボン入りです。ここの足湯は入りませんでしたが、一番ゆっくりできそうでした。

007 次は山地獄。ここは、地獄は岩肌からボコボコと温泉が出ているのですが、地獄よりすごいのが、動物たちです。ちょっとした動物園と言っても過言ではありません。カバ、ゾウ、サル、フラミンゴ、マントヒヒと多種多様な動物たちがいました。お子様連れには一番いい地獄?かもしれません。

   

008010014011

                                    

         

そして、その次はかまど地獄。ここは地獄の一丁目から六丁目まであり色々な地獄が楽しめます。ただ私達が入った時にはちょうど韓国からの団体客と遭遇してしまい、地獄の中が人でごった返してしまい、ゆっくり見ることはできませんでした。

     

015_2019020023

でも、地獄三丁目の池は奇麗な色でした。お勧めです!

         

038035 それから、鬼山ワニ地獄へ。ここは、ひたすらワニです。大量のワニです。でも、今回気がついたのは、ワニって口開けたままじっとしているんですね。あごが外れないのかなぁ~と心配になってしまいました。

                    

040 最後は、白池地獄へ。ここはほぼ白池があるだけです。すごく奇麗な白色池なのですが、最後に見てしまうとちょっと迫力やインパクトが薄いような感じがしました。(歩き疲れたのかもしれません…)

                           

以上で、ようやく地獄巡り完全制覇です。タクシーを呼び、途中明礬温泉に立ち寄り、岡本屋の地獄蒸しプリンを購入しました。タクシーの運転手の方の話に寄れば、ここのプリンが本物で他のは味が劣るということでした。食べてみると、昨日海地獄の売店で食べたものとは比較にならないほど美味しかったです。因みに岡本屋のプリンの方が安いんです。

その後、ホテルに預けてある荷物を取り、由布院へ移動する為、別府駅へと向かいまし045 た。別府の駅で少し時間があったので、駅舎の周りをウロウロしていると足湯ではなく、“手湯”というのを発見しました。なかなか面白い発想です。足湯だと、靴下脱いでタオルもいりますが、手湯ならハンカチあれば大丈夫です。手軽ですし、この時期本当に暖かくホットします。

                                        

046 別府から由布院までは、『ゆふいんの森4号』というリゾート列車に乗ってゆっくりした旅を楽しみました。この電車、座席は全て二階で、一車両にビフェと展望席があります。ビフェでは奇麗なお姉さんが接客してくれたのですが、日田の豆腐まんじゅうというのがお勧めだというので4個で450円を購入し、早速食べてみました。これが、中にはアンコではなくおからが入っているのですが、何とも言えない美味しさでした。これもお勧めです!

小一時間で由布院駅に到着。駅でレンタカーを借り、本日のお宿『湯布院 名苑と名水の宿 梅園』にチェックインしました。昨日の杉の井ホテルとは打って変わって、静を極めた宿を厳選してみました。

057_2053_2056_2 部屋は、本館と離れに別れていて、ちょっと奮発して離れをとりました。一室一室が離れ(一軒家)になっていて、昔の風情がたっぷりです。風呂も大浴場と家族風呂があるのですが、家族風呂って言ったって、民宿の露天風呂より断然大きく、しかも宿泊者数が少ないので予約も不要ですし、一人で入るのもOKと贅沢極まりないお風呂でした。(写真の露天風呂が家族風呂です!)食事も懐石料理でしたが、すさまじい量と大変美味しい味で腹いっぱいになり、最高の宿でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

別府・由布院旅行記part1

今日から2泊3日の予定で、九州の別府・由布院旅行へ出かけました。

今回の旅行は、私達夫婦と私の母、そして長女(19歳)・次女(9歳)という珍しい5人のメンバーで行くことになりました。事の発端は、もうあまり旅行には付いて来なくなってしまった長女が『九州の温泉行きたーい!』と言い、『へぇ~、珍しいじゃん!』と言ったら、『だって、近くの温泉なら自分のお金で友達と行けるけど、遠いとお金掛かって無理だでしょ!でも親と一緒に行けばタダじゃん!!』という可愛くない発言と、私の母が父が生前の時、何でも一緒に別府温泉に行く約束をしていたらしいのですが、それが実現せぬまま父が他界してしまったので、是非行きたいという普段は一緒に旅をしない2人ニーズが合致したことがきっかけでした。因みに21歳の長男は留守番(犬番)をすることになりました。

今回はANAスカイホリデーのパック旅行にお世話になる事にしました。これは、ANA株を持っていますと、株主優待でANAスカイホリデーのパッケージ旅行の代金が7%割引になるので、色々パンフレット集めたのですが、結果的にはこれが一番安く行けることが判明したためです。

朝6:40に家を車で出発!7:50発大分行の飛行機なので結構きわどかったです。それでも、7:10には空港に到着し、車を駐車場に入れチェックインしました。飛行機3か月ぶりなのですが、今はEチケットとかいって、すべて紙に書いてあるQコードで処理されて、航空券ってもう発券されないんですね!時代は進むの早いです。びっくりしました。

7:50に羽田を離陸し、一路大分へ。私の席は窓際だったので、ずーっと外を眺めていましたが、天気にも恵まれ、航空経路がはっきりわかりました。東京から多摩川沿いを北西へ行き、府中のあたりで、中央自動車道に沿って飛ぶのがよくわかりました。そして甲府から小牧⇒琵琶湖⇒岡山⇒広島⇒大分と地形もはっきりとわかり、ちょっと面白かったので、あっという間のフライトでした。

大分空港に到着後、予約してあったレンタカーを借り、別府へ移動しました。まずは地獄巡りです。

003007 竜巻地獄と血の池地獄にまず行きました。ここで思わぬ事態が…。うちのおねえちゃん、温泉好きなくせして、硫黄臭が苦手なんです。昔、小さい時箱根の大涌谷で気分悪くなっていたことをすっかり忘れていました。そんな訳で約一名元気が無かったのですが、足湯などもあったので、そこで休養していてもらいました。

次は、海地獄へ。入口にレストランがあったので、ちょうど昼にも差しかかっていたのでそこで昼食をとる事にしました。オーダーは大分名物『だんご汁』に。

015016 普通のだんご汁が左の写真で、私は右側の地獄だんご汁をオーダー。それなりに結構辛く、寒さが一発で吹き飛びました。でも、スープもとても美味しかったですが、レモンスライスが絶妙のハーモニーを奏でて、これでとても美味しさが増しました。豚汁などにも合いそうですよ。お勧めです!

017 食後、海地獄へ入りましたが、ここには面白い足湯がありました。なんと大分らしくザボン入りの足湯なんです。すっかりみんなハマってしまい、そこの足湯でマッタリとしていました。そうこうしているうちに、時間もなくなり、残りの地獄巡りは明日に順延し、次なる目的地アフリカンサファリへ移動しました。

なぜ、そんなに時間を焦っていたかというと、サファリバスをインターネット予約していたんです。サファリは富士や那須などへ行ったことあるのですが、サファリバスはいつも一杯で乗った経験がありませんでした。そこで、今回は何としてでも乗ろうと決意してきていたからなんです。サファリバスは動物たちに餌を間近であげれるので、また違う視点で動物たちを観察することができました。

037 一番びっくりさせられたのは、キリンです。キリンは物を食べる時、細長い舌を出して、餌をその舌で丸めこんで食べるのです。関心もしましたが、間近で見るとちょっと気持ち悪いというか、唾液の粘性も高く、それにより、餌が落ちないよう吸着している感じでした。子供達も大喜びでとても良い経験をしたと思っています。

そして、サファリを後にして、別府温泉へ移動していきました。今日の宿泊は杉の井ホテルです。杉の井ホテルは温泉も充実していますし、アミューズメントも充実しているので、子供にとってはとてもいいホテルと思い、一泊目はここにしました。

043044 流れるプールにウォータースライダー、チューブスライダー、波のプールにジャグジーと一通りのプールがありました。私のお勧めはチューブスライダーでした。ホテルのプールとは思えないほど距離があり、迫力も満点です。反面、ちょっと期待外れだったのが造波プールでした。波が低すぎて、あまりにも迫力がなく、子供も物足りなかったようで、造波中に『もう、いいや!』と泳ぐのを止めてしましました。まぁそれでも、プール専門施設以外では、これだけの盛り沢山なプールのあるホテルはちょっと記憶にありません。

温泉も、内湯と露天風呂やジャグジーに樽風呂、サウナに打たせ湯等と多種多様です。中でも露天風呂は『棚湯』といって段々畑のような露天風呂になっており、珍しいお風呂でした。

夕食後、今度はボーリングがしたいというので、ホテルのボウリング場へ出かけました。私はここ二週間ほど右の手首に違和感があり、ボウリングのボウルはとても持つ自信がなく、左手で投げさせてもらいました。まぁ、それでも2ゲームやって、上の娘には1ピン差で負けたものの、下の娘には当然勝ち、何とか父親の威厳は保てたものと思います。

部屋に戻ってきたら、もうヘトヘトで、あっという間に熟睡してしまいました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

退職者ゴルフコンペ

今日は、旧職の会社で引退されたの方々が集ったゴルフコンペに千葉の上総富士CCまで行き、参加してきました。スコアは112(午前62午後50)と実は今日スタート4ホールで40近く叩いてどうなるかと思ったのですが、何とか復調して、それなりのスコアに留まりました。
お陰さまで賞金も頂くことができ、飲み食い除けば、ほぼタダのゴルフを楽しむことができました。
しかし、平日のゴルフって安いですね。メシ代込みで7,000円ちょっとですよ。ほんと、この快感たまりません。
本当に社会復帰できるか心配な今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京多摩川ゴルフ練習場へ

来週のゴルフを控え、前回前々回ととんでもないスコアだったので、初心に戻り練習に励むことにした。私は、決して練習嫌いではないのですが、家の近くの練習場は距離が短く、ボールの曲がりの有無が分からないので、意味がないと思い行っていないだけなんです。

001002 今日は、そんな中比較的近い東京多摩川ゴルフ練習場へ行ってきました。ここは、大田区の多摩川丸子橋近傍の河川敷の練習場なんですが、土日は混んで結構待たされてしまいますが、平日は比較的すいていて、しかも3,000円で2時間打ち放題というメニューがあるので、平日行くならお勧めです。(信じられない方もいらっしゃるでしょうが、私の家の近所なら3,000円は安いんです。)

約1時間半強打ちまくったでしょうか?5箱300球!ドライバーとアイアンは、私の中ではなかなか良い飛びに矯正されたようです。フェアウェイウッドが今一つでした。来週は、ウッドはドライバー以外使わず、とにかく酷いスコアから解放されてきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小学校3年生にわかる蕎麦の話

 今日は、娘が学校のマイタイムの授業でそばの事を調べる事になったんだけど何かいい資料なあいと聞いてきて、結構困った。ネットで調べるとそれらしきものは一杯あるのですが、到底小学校3年生には理解できないし、漢字も読めない…。

ここで、子煩悩(親バカ)の私が、噛み砕きレポートにしてあげると公言してしまい、やっと今その作業が終了しました。折角作ったので、その位のお子様をお持ちの方ご活用頂く機会があればご使用ください。

表現、漢字を小学校三年生レベルと思われるところまでしたつもりですが、その気遣いが大変でした。こうして、文章を打っているスピードの約半分以下になっていたと思います。疲れた~!

そ ば

1.作り方

そばの実をかわかして、石うすで細かくつぶして、こなにします。これがそばこです。

つぎに、そのそばこに水を入れて、ねりあげます。そしてめんぼう(綿棒じゃなくて麺棒)で板のようにのばします。

そして、そば切りほうちょうで12mmくらいの線のように切り、めんの形にします。

でき上がったものをゆでれば、そばめんのできあがりです。

このゆでた時のお湯を『そばゆ』といいます。そばゆは最後につゆをうすめてのむという他にそばから溶け出したえいよう分ものむといういい所もあります

2.めんの種類

小むぎこや山いもは、入れない方が上等なそばで、全部がそばこからできているめんを〈十割そば(とわりそば)〉といいます。

小むぎこや山いものことをつなぎと言いますが、10のうち8がそばこで、2がつなぎのものを〈八割そば(はちわりそば)〉といいます。他にも九割そば、七割、六割そばというのがあり、六割は10のうち6がそばこで4がこむぎこなどのつなぎです。

それから、沖なわそばっていうのがありますが、これはそばこは入っていない小むぎこだけでできためんです。中華そばや焼きそばのめんも同じく小むぎこだけでできています。

3.そばの食べ方

そばはふしぎなもので食べる時に「ズルズルズルー」と音を立てて食べてもおこられないのです。これはそばは味よりかおりをだいじにという事から、空気といっしょにすすりこみ、そのあと鼻から空気だけをぬいて、かおりを楽しむからなのです。

4.そばがお店に並んでいる形

①生めん

そばを切った後に、白いこなをふってあるもの

②乾めん

そばを風でかわかして、同じ長さに切りそろえてたもの

③ゆでめん

生めんをゆでて食べられる状態にしたもの。お弁当で売られているのもこれです。

④フライめん

油であげて、熱湯を入れると元のめんにもどるように加工されている。インスタント(カップめん)に多い。

⑤ノンフライめん

熱い風でかんそうさせたもの。インスタント(カップめん)に少しある。

⑥冷とうめん

長い間保存ができるように冷とうされているもの。冷とう食品がこれです。

5.そば料理の種類

◎そば料理の代表的なメニュー

①もりそば  ⑥天ぷらそば  ⑪カレーなんばん

②ざるそば  ⑦月見そば   ⑫なめこそば

③かけそば  ⑧とろろそば  ⑬山菜そば

④きつねそば ⑨かもなんばん ⑭五目そば

⑤たぬきそば ⑩とりなんばん ⑮わかめそば

・ちょっとためになる話

 ☆もりそばとざるそばのちがいは?

  のりがかかったものを『ざるそば』、かかっていないものを『もりそば』と呼んでいる

 ☆東京のきつねそばは、大阪ではたぬきそばと言う

  油あげの乗ったそばは東京では『きつねそば』と言っていますが、大阪や京都といった関西に行くと、それを『たぬきそば』と言っている。

 ☆それじゃ東京のたぬきそばは大阪では何という?

  東京では天かす(あげ玉)の入ったものを『たぬきそば』と言っていますが、大阪ではたぬきそばは油あげですので、天かすが入っているそばは『ハイカラそば』と呼んでいます。

 ☆かもなんばん、鳥なんばんのなんばんってどういう意味?

  なんばんはネギを意味しています。だから、かもなんばんはかもの肉とネギ、鳥なんばんは鳥肉とネギが入っているのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

定期健康診断(半日人間ドック)受診

今日は、年に一度の定期健康診断でした。私が毎年お世話になっているのは、神奈川県川崎市の川崎駅近くにある『アルファメディック・クリニック』という所です。ここは、検診専門センターなので、普通の病院のようにあまり待ちませんし、効率よく検査が行われ、また設備も最新ですごく奇麗なので、4・5年前からずっとここにしています。

071211_120101071211_120901 実は、それよりもお勧めなのは、半日ドックを受診すると検査終了後に昼食が出るのですが、これがすごく美味しいんです。今日は携帯で写真撮ってきてしまいましたので、ちょっとご紹介しておきます。主婦検診だとこの食事はコースに入っていないのですが、事前予約すると追加料金払えば食べれるそうです。確か500円だったか1,000円だったかそんなもんです。

さて、肝心の結果ですが、体重はダイエット効果で-3kg!まぁそれは毎日体重計に乗っているので、わかっていたのですが、それより気になっていたのは、前回初めて引っ掛ってしまったγ-GTPです。でも、今年は運動しているし、仕事で暴飲暴食するなんていう機会もなくなったので、期待して行ったんです。結果は29と過去最低値を記録(因みに前回は67でした)しまして、やはり休肝日設けなくても、ほんのちょっとしか飲まなければ、改善されることが証明され、今はホッとしています。

会社退職すると、この健康診断も健保負担分の32,000円しか補助されず、会社補助分の15,750円は自己負担となってしまいますが、やはり健康診断は年に一回受診しておくと安心します。むしろ、健保が国保になってしまう2年後からは全額個人負担になるはずですので、結構大きい出費です。それでも保険と思って続けて行きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハローワーク・失業認定

今日は、ハローワークへ失業認定を受けに行ってきました。

先方から、月に一回指定された日時に行くこの失業認定を受けにいかないと失業保険給付金は戴けません。今日で3回目ですが、行くとこの一ヶ月の就職活動について聞かれます。

実は、昨日受けたビジネス実務法務検定の試験もハローワークで認めている立派な就職活動の一環なんです。当然、それを報告しまして、今日も無事認定を受けることができました。

失業給付金も一カ月当たり20万円前後になりますので、貰わないと損ですし、今迄給料天引きで21年間も雇用保険金支払ってきているのですから、少しでも回収しないと…!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビジネス実務法務検定3級合格!…たぶん

いよいよ、ビジネス法務検定試験を受験する日がやってきました。朝、8時過ぎに家を出て、試験会場のお茶の水にある日本大学経済学部2号館へと行きました。9時半前には着いたのですが、会場入りしていたのはまだ3人でした。しばらくすると、受験者がぞくぞく入場してきましたが、本当に老若男女様々な人達が受験するようで、多種多様な人達が集まってきました。

試験官の説明が10時から始まり、10時15分からついにスタート!ここまでの一時間弱は長かったです。試験って何回やっても緊張してしまうものですね。約40分ほどで、一通り回答を終えましたが、自信のない部分は飛ばしていたので、そこを問題文熟読しながら、回答していきました。結局、石橋を叩き何度も何度も見直しをしたので、制限時間2時間フルに活用させて頂くこととなってしまいました。(この2時間は逆にあっという間!)

まぁ、手応えとしては何とかなったかな?という感じで一路帰宅の途へつきました。

自宅で、自己採点をしようとしたのですが、あるんですねぇ~!もう模範解答が!!本当にインターネットとは改めて便利なものです。つくづく思います。資格の大原(大原学園)のHP(http://www.o-hara.ac.jp/sokuhou/houmu/index.html)ですでに13:00~公開されているんです。素晴らしく迅速だぁ~。

早速恐る恐る採点スタート!70点以上で合格なのですが、結果はなんと89点!やったね、合格だ!!なんかホントほっとして、気が抜けてしまいました。自分で言うのもなんですが、あれだけの時間勉強して、落ちたらホントどうしようと思っていましたよ。あの苦労はどうなるの?と。ホント良かった良かった!

でも、面白かったのは、試験場で飛ばした問題(自信の無かった問題)は、ほとんど間違えていました。つまり、勉強して身についていなかった問題は間違えているということなんですよ。(選択問題なのに…)運がないとも言えますが、やはりしっかり勉強しないとダメということも証明されたような気が致します。さぁ~、次の資格にチャレンジだぁ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビジネス実務法務検定試験受験前夜

いよいよ、明日ビジネス実務法務検定試験(3級)の受験なんです。実は…。

ビジネス実務法務というのは、民法・商法や特許・労働・相続等などおおよそビジネスに関係のある法律についての検定です。これを取ったからといって、何かが特別に出来るという訳ではないのですが、今迄仕事の中で接してきた法律はその場凌ぎ的な所があり、体系的・網羅的に学習していなかったので、改めて勉強することを目的に受験することにしてみました。

この二週間、晩酌もやめ、真面目に勉学に取り組んでまいりましたが、いかんせん法律論は難しいです。最初はたかが3級と思っていましたが、とんでもありませんでした。問題集なんかやってみると知らなかったことも多々あり(いや知ったかぶりしていただけかも)、全然ダメでした。何しろ、25年前大学時代に授業(一般教養)で使っていた民法・商法の本まで引っ張り出して(我ながら物持ちがいいな!)、勉強しました。余談ですが、本は非常に奇麗で、当時全く勉強しなかった様子が改めて確認できました。

それでも、それでも必死に勉強しなおし、何とか自分の中では理解習得できたかな?というところまできました。さて、明日すっきりした頭で受験できるよう今日は早めに寝ます!

がんばるぞっー!神様仏様宜しくお願いいたしまーす!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テニス大会(冬)

今日は、つくばで以前勤務していた会社のテニスサークルの大会に参加してきました。

退職後、テニススクールに入会し約半年間、それなりに頑張ってきたので、今回は自分自身でもちょっと期待?して行きました。

試合は全七試合でその勝率で競うのですが、第一試合は引き分け(時間制限があるので引き分けもある)、第二試合は快勝、第三、第四試合も引き分けと折り返し地点までは1勝3分けと何とか勝率10割をキープ!ただ、引き分けが多いと1敗の重みが大きいので、絶対に負けられない状況に追い込まれていました。

し・しかし、そこから何と3連敗で結局1勝3敗3分で勝率.250に転落!終わってみれば、下から数えた方が早い順位…。ガッカリです。

それでも、内容的には以前に比べて良かった点もありましたので、気を取り直して、またスクールで腕を磨いて、次回春の大会に臨みたいと思います。

実力も足りませんが、ゴルフと一緒でメンタルな部分ももっと磨かないといけません。と反省です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »