« 退職者ゴルフコンペ | トップページ | 別府・由布院旅行記part2 »

別府・由布院旅行記part1

今日から2泊3日の予定で、九州の別府・由布院旅行へ出かけました。

今回の旅行は、私達夫婦と私の母、そして長女(19歳)・次女(9歳)という珍しい5人のメンバーで行くことになりました。事の発端は、もうあまり旅行には付いて来なくなってしまった長女が『九州の温泉行きたーい!』と言い、『へぇ~、珍しいじゃん!』と言ったら、『だって、近くの温泉なら自分のお金で友達と行けるけど、遠いとお金掛かって無理だでしょ!でも親と一緒に行けばタダじゃん!!』という可愛くない発言と、私の母が父が生前の時、何でも一緒に別府温泉に行く約束をしていたらしいのですが、それが実現せぬまま父が他界してしまったので、是非行きたいという普段は一緒に旅をしない2人ニーズが合致したことがきっかけでした。因みに21歳の長男は留守番(犬番)をすることになりました。

今回はANAスカイホリデーのパック旅行にお世話になる事にしました。これは、ANA株を持っていますと、株主優待でANAスカイホリデーのパッケージ旅行の代金が7%割引になるので、色々パンフレット集めたのですが、結果的にはこれが一番安く行けることが判明したためです。

朝6:40に家を車で出発!7:50発大分行の飛行機なので結構きわどかったです。それでも、7:10には空港に到着し、車を駐車場に入れチェックインしました。飛行機3か月ぶりなのですが、今はEチケットとかいって、すべて紙に書いてあるQコードで処理されて、航空券ってもう発券されないんですね!時代は進むの早いです。びっくりしました。

7:50に羽田を離陸し、一路大分へ。私の席は窓際だったので、ずーっと外を眺めていましたが、天気にも恵まれ、航空経路がはっきりわかりました。東京から多摩川沿いを北西へ行き、府中のあたりで、中央自動車道に沿って飛ぶのがよくわかりました。そして甲府から小牧⇒琵琶湖⇒岡山⇒広島⇒大分と地形もはっきりとわかり、ちょっと面白かったので、あっという間のフライトでした。

大分空港に到着後、予約してあったレンタカーを借り、別府へ移動しました。まずは地獄巡りです。

003007 竜巻地獄と血の池地獄にまず行きました。ここで思わぬ事態が…。うちのおねえちゃん、温泉好きなくせして、硫黄臭が苦手なんです。昔、小さい時箱根の大涌谷で気分悪くなっていたことをすっかり忘れていました。そんな訳で約一名元気が無かったのですが、足湯などもあったので、そこで休養していてもらいました。

次は、海地獄へ。入口にレストランがあったので、ちょうど昼にも差しかかっていたのでそこで昼食をとる事にしました。オーダーは大分名物『だんご汁』に。

015016 普通のだんご汁が左の写真で、私は右側の地獄だんご汁をオーダー。それなりに結構辛く、寒さが一発で吹き飛びました。でも、スープもとても美味しかったですが、レモンスライスが絶妙のハーモニーを奏でて、これでとても美味しさが増しました。豚汁などにも合いそうですよ。お勧めです!

017 食後、海地獄へ入りましたが、ここには面白い足湯がありました。なんと大分らしくザボン入りの足湯なんです。すっかりみんなハマってしまい、そこの足湯でマッタリとしていました。そうこうしているうちに、時間もなくなり、残りの地獄巡りは明日に順延し、次なる目的地アフリカンサファリへ移動しました。

なぜ、そんなに時間を焦っていたかというと、サファリバスをインターネット予約していたんです。サファリは富士や那須などへ行ったことあるのですが、サファリバスはいつも一杯で乗った経験がありませんでした。そこで、今回は何としてでも乗ろうと決意してきていたからなんです。サファリバスは動物たちに餌を間近であげれるので、また違う視点で動物たちを観察することができました。

037 一番びっくりさせられたのは、キリンです。キリンは物を食べる時、細長い舌を出して、餌をその舌で丸めこんで食べるのです。関心もしましたが、間近で見るとちょっと気持ち悪いというか、唾液の粘性も高く、それにより、餌が落ちないよう吸着している感じでした。子供達も大喜びでとても良い経験をしたと思っています。

そして、サファリを後にして、別府温泉へ移動していきました。今日の宿泊は杉の井ホテルです。杉の井ホテルは温泉も充実していますし、アミューズメントも充実しているので、子供にとってはとてもいいホテルと思い、一泊目はここにしました。

043044 流れるプールにウォータースライダー、チューブスライダー、波のプールにジャグジーと一通りのプールがありました。私のお勧めはチューブスライダーでした。ホテルのプールとは思えないほど距離があり、迫力も満点です。反面、ちょっと期待外れだったのが造波プールでした。波が低すぎて、あまりにも迫力がなく、子供も物足りなかったようで、造波中に『もう、いいや!』と泳ぐのを止めてしましました。まぁそれでも、プール専門施設以外では、これだけの盛り沢山なプールのあるホテルはちょっと記憶にありません。

温泉も、内湯と露天風呂やジャグジーに樽風呂、サウナに打たせ湯等と多種多様です。中でも露天風呂は『棚湯』といって段々畑のような露天風呂になっており、珍しいお風呂でした。

夕食後、今度はボーリングがしたいというので、ホテルのボウリング場へ出かけました。私はここ二週間ほど右の手首に違和感があり、ボウリングのボウルはとても持つ自信がなく、左手で投げさせてもらいました。まぁ、それでも2ゲームやって、上の娘には1ピン差で負けたものの、下の娘には当然勝ち、何とか父親の威厳は保てたものと思います。

部屋に戻ってきたら、もうヘトヘトで、あっという間に熟睡してしまいました。

 

|

« 退職者ゴルフコンペ | トップページ | 別府・由布院旅行記part2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

旅行記」カテゴリの記事

おでかけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 別府・由布院旅行記part1:

« 退職者ゴルフコンペ | トップページ | 別府・由布院旅行記part2 »