« 真夏のゴルフ | トップページ | 沖縄・慶良間旅行part2 »

沖縄・慶良間旅行part1

今年の夏休み最後のイベント、沖縄・慶良間旅行へいざ出発!ところが、前日にちょっとアクシデントが発生してしまいました。娘が友達と遊んでいるさなか、走っている時に転んだらしく、膝を激しくすりむいてしまったのです。海に入れるか暗雲が垂れこめての出発となりました。

朝は羽田7:55発のANA便で那覇までひとっ飛び。朝の空港はお盆休みということもあり、結構混んでいて、手荷物カウンターや出発ゲートも渋滞気味。でも、飛行機に乗ってしまえばあっという間の到着でした。

那覇からは予約してあったOTSレンタカーで移動です。今日は16:30発の船に乗るまでは特に予定もなく、適当に市内を車でぶらぶらすることにしていました。まずはすぐ近くの瀬長島へ移動し、エメラルドグリーンの海と空港が一望できる場所でしばし休憩。

次に向かった先は、パイナップルハウスでした。ここは、おみやげ物屋なのですが、パイ08081316_00108081316_002ナップルが食べ放題ということで、行ってみたのでした。お昼も食べていなかったので、本日の昼食はパイナップル!というほど食べさせて貰い、お腹いっぱいです。それだけで帰るのも忍びないので、塩ちんすこうやパパイヤキムチ等お土産も購入しました。

08081316_003お腹も一杯になったところで、次の訪問先は『旧海軍司令部壕』です。あまり時間がなか ったので、ゆっくり見ることができなかったのが残念ですが、当時つるはしで掘った壕が残存しており、その内部には手榴弾で自決した時の爆発による傷跡など生々しい歴史を見ることができました。こうやって、楽しい旅行ができる平和な時代に生きていて、本当に幸せだと痛感させられます。

結構いい時間になってしまったので、船の出航地『とまりん(泊港)』へ急行しました。レンタカーはここで返却し、慶良間諸島の渡嘉敷島まで約35分の船旅です。しかし、この船結構揺れるんです。久々の船酔いに襲われ、客室にいると気持ち悪いので、甲板に立って何とか凌ぎました。渡嘉敷島に到着すると、今日から泊まる『マリンハウス阿波連』のおねえさんが迎えに来てくれていました。大きな中型バスでのお出迎えだったのですが、???運転席に誰もいないので、誰が運転するのかと思いきや、このおねえさんが運転するではありませんか!びっくりしましたが、それも一瞬でした。すごく運転うまいんです。細い道(バスの幅しかないほどの道)をすいすい、恐れ入りました。

運転のうまさにびっくりしているうちに20分程で宿に到着しました。まだ陽も高かったので早速近くのビーチ(阿波連ビーチ)へ海を見に行くことにしたのですが、これがとても綺麗な海でした。海の中はとりあえず今日はお預けです。

宿に戻り、夕食の時間に。民宿なので、あまり期待はしていませんでしたが、期待外れに08081316_008 08081316_007 いい食事でした。ボリュームたっぷりで、また生ビールが中ジョッキ一杯350円というのも嬉しいサービスでした。

食後は、定番の花火とトランプ大会を娘と遊び、明日のシュノーケリングを楽しみに一日目の夜、床に就いたのでした。

|
|

« 真夏のゴルフ | トップページ | 沖縄・慶良間旅行part2 »

おでかけ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

旅行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/413027/23093560

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄・慶良間旅行part1:

« 真夏のゴルフ | トップページ | 沖縄・慶良間旅行part2 »