« 星の観察~東京の悲劇 | トップページ | 競走馬にユキチャン??? »

プラネタリウムへ

東京の星空は、よく見えないのでプラネタリウムにでも連れてってあげるか!と思い、出掛けることとしました。私が子供のころは渋谷の五島プラネタリウムが有名だったのですが、そこももう無くなってしまっているので、まずはどこにプラネタリウムがあるのか探すところからスタートでした。

インターネットで調べてみると『プラネタリウムのホームページリンク』というサイトがありました。そこのサイトは全国のプラネタリウムが調べられるのでとても助かりました。早速、東京のプラネタリウムを探してみた所、『葛飾郷土と天文の博物館』というのが、博物館も併設しているので面白そうと思い、そこへ行ってみることにしました。

車で家から40分程で到着です。入館後、時間もあったので郷土資料室を見学。そこには昭和30~40年代の生活用品が保存されていて、つまらなさそうな娘を尻目に、私ら夫婦は懐かしく見入るように見学させてもらいました。

2008_101900532008_101900542008_10190057 白黒テレビ、冷蔵庫(電気式と氷式両方有)、炊飯器や魔法瓶そしてピアノもありました。自動三輪車のミゼットも展示していました。

東京都内にこんな博物館があるとは全く知らなかったです!

ほど良く時間となり、プラネタリウムへ移動し着席しました。区の施設だけに大したことはないのかと思ったのですが、定員172名も入る大きなドームでした。志向も面白く、最初は東京の明るい空での投影をし、その後満天の星空を見せてくれるので、感動ものでした。以前にもプラネタリウムには娘を連れて行った事はあるのですが、やはり星を理科の授業で学ぶ小学四年生に連れて行かないとピンとこなかったんだろうなとつくづく思いました。ただ残念なことに、このプラネタリウム星や星座の解説は最初の15分程度であとの30分はアニメ投影だったんです。アニメと言っても、宮沢賢治の銀河鉄道の夜についてなので、それはそれで良かったのですが、本来の目的とはちょっと外れてしまいました。

さて、プラネタリウムの帰りに折角葛飾に来たので、アニメ『こち亀』の街を満喫してみようと思い、亀有駅前の両津勘吉銅像を車窓見学し、Ario亀有の中にある『こち亀ゲームぱ~く』を見学に行ってみることにしました。

2008_101900612008_10190060 ゲームは殆どやらなかったのですが、見学するだけでも結構見ごたえありました。その後、Ario亀有の中でお買い物!イトーヨーカドーが入っているのですが、その他にも数多くの専門店やレストランなどが一杯入っており、歩き回るだけでもヘトヘトになるほどすごっく広いんです。たまにはこんなお出かけもいいのかな?

|

« 星の観察~東京の悲劇 | トップページ | 競走馬にユキチャン??? »

おでかけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プラネタリウムへ:

« 星の観察~東京の悲劇 | トップページ | 競走馬にユキチャン??? »