« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

沖縄3泊4日(1夕食3朝食付)激安の旅~PART3

(最近、超ー忙しくてブログが溜まってしまいました。1か月前のこと思いだせるかな~)

今日は沖縄3日目。朝食はサンセットビーチハウスの朝食メニューです。女将さんが料理研2009_05050143 究家という事前情報から、大変楽しみにしていたのですが、予想を遥かに上回るもので、ビックリしました。朝食と言うとなんか慌ただしく食べてというイメージが強いですが、モーニング懐石と言ったところでしょうか!写真のような感じの盛り付けで、味も最高!朝からゆっくり楽しんで朝食を摂らせて貰いました。是非、今度来る時は夕食を食べてみたいと思った次第です。

さて、そんなサンセットビーチハウスを後にして、昨日行きそこなった『沖縄フルーツランド』へ向かいました。沖縄フルーツランドはフルーツゾーン、蝶ゾーン、バードゾーンの3つに分2009_050501442009_05050145 かれています。まずは、蝶ゾーンへ。ここには、“オオゴマダラ”という蝶がいるのですが、そのさなぎが黄金色をしているんです。ちょうどさなぎから孵化している蝶を発見し、写真を撮りました。蝶ゾーンの中には蝶が一杯飛び回っていましたが、昔行った時はもっといたような…。

2009_050501562009_05050155_2 次は、バードゾーンへ。オオハナインコをはじめ、カラフルな鳥たちが一杯です。餌を上げる事も出来、餌を買って、手に持つと鳥たちが手乗り状態に。娘は怖がってやりませんでしたが…、親は楽しんで餌やりに興じていました

2009_050501602009_05050161そして、最後はフルーツゾーン。パパイヤ、ドラゴンフルーツ、パッションフルーツ等‥。そんな中ちょっと珍しいものが!その名もミッキーマウスの木!確かにミッキーの耳にそっくりです。見る角度によれば頑張ってミッキーマウスに見えるかな?

沖縄フルーツランドで、じっくりゆっくり楽しんだ後は、またまた恩納村へと向かいました。(今日の天気が悪い予報でなければ、こんなに行ったり来たりはしなかったのですが…。)

2009_05050162_2 途中、道の駅許田(やんばる物産センター)に立ち寄り、色々物色。私はシークアーサー島唐辛子をお土産にして、みんなで外間カマボコ工房のカマボコに舌鼓。今日のお昼はこれで済みかな?という感じまで食しまくりました。

2009_05050163

みんなもおなか一杯になったみたいで、それからは車の後でZOO…。恩納村に戻り、辿り着いた所は『万座毛』。コバルトブルーの海とゾウの鼻に見える断崖は双璧でした。しばらく、見入ってしまいました。

2009_05050170_22009_05050172

2009_05050173  そして、引き続き車を飛ばして、娘のかねてからの希望“サーターアンダギー作り”の体験をするべく沖縄の体験王国『むら咲むら』へ。もう閉園まで1時間という16時半に到着。でも、念願のサーターアンダギー作りはギリギリ体験が出来、娘は満足そう

2009_050501792009_05050181 まだ、周囲は明るいので、最後の最後に残波岬へ。薄明るさの中、灯台の周りを散策。ふと振り向くと「えっ!ホテルにZANPAの明かりが!」ちょっと感動してしまいました。残波岬ロイヤルホテルでしょうか?なかなか考えるものです。

今日も、大忙しの1日。今夜の夕食は恩納村の元祖海ぶどう本店へ行き、海ぶどう丼で締めました。宿泊は、寝るだけの宿?渡良瀬リーフホテルにチェックインし、あっという間に熟睡でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沖縄3泊4日(1夕食3朝食付)激安の旅~PART2

今日は2日目!何故か旅行に行くといつも早起きのこの私(o^-^o)しっかりと今日も5時起きでした。朝一番で近くのファミリーマートへ車で走り、美ら海水族館の割引チケットを購入しに行きました。戻ってから、朝食までまだ時間があったので、フク木並木を起きてきた家族とともに散策する事にしました。

フク木並木を通り抜けるとそこには海が広がり、目の前には伊江島が綺麗に見えていまし2009_05050012 2009_05050013 た。その手前の浜辺近くには、いくつもの棒が立っていて、なんの養殖だろうと思ったのですが、浜辺に置いてあったネットでわかりました。『あおさ』の養殖でした。しばらく海を歩くと『海人の家』という看板があり、海ブドウ、うに販売の文字が…。思わずひかれて、行ってみたところ、そこは『備瀬崎養殖所』という所でした。中に入ってみると、早朝にもかかわらず、「どうぞどうぞ」と養殖水槽を2009_05050015 2009_05050017 見せて貰えたのですが、私と娘の大好物『海ブドウ』が籠にドッサリと入っており、またその水槽の中にはハリセンボンまで悠々と泳いでいました。販売価格を見てみたら、その安さに思わずビックリです。海ブドウ200g入りで500円なんです。普通空港なんかで買うのは、80g800円位だったと思いますから、激安です!あおさも一袋350円!思わず、海ブドウ2パックとあおさ3袋をゲットしてしまいました。産地直売の魅力でしょうか?最後におじさんに『この辺で島らっきょう売っているところありますか』と聞いてみた所、この先の岬の方に『比嘉商店』ってあるからそこへ行ってごらんと貴重な情報もゲットしました。

民宿で朝食を取った後、チェックアウトをし、民宿岬を後にして、『比嘉商店』へ向かってみました。しかし、誰もいない…。畑に島らっきょう取りに行っているのだろうか…。致し方なく、ここはひとまず断念し、本日の目的『美ら海水族館』へ。昨年8月にも行ったのです2009_05050026 2009_05050032 が、あまり時間がなく、パーッと見ただけでしたので、今回はゆっくり見ようということでの再訪です。水槽には相変わらずジンベイザメが優雅に泳いでおり、本当に時間の経つのを忘れて見入ってしまいます。今回は水槽の上から覗くこともできたので、行ってはみました(写真右)が、やはり水槽越しが迫力満点です。

水族館内を一通り見学した後は、『おきちゃん劇場』に移動しました。おきちゃんはイルカ2009_05050039 2009_05050059 でそのショーをやっているのです。これが無料(水族館に入らなくても見れる!)というからビックリです。イルカのショーといえば、色々な水族館でやっているので、そんなに期待はしていなかったのですが、期待に反して超ー面白かったてす。どう面白かったかは是非ご覧になってみて下さい。

そんなこんなで半日ほど遊び、美ら海を後にしました。ここで、やはり島らっきょうが諦めきれず、再び『比嘉商店』へ。するとやっていましたやっていました!しかも店先にはお目当ての島らっきょうが並んでいました。『一袋いくら?』と聞くとおばあが『100円だよ!』とウソでしょう!!安すぎです。ここでも思わず3袋も大量に買い込んでしまいました。

そして、しばらく走り、お腹も減ってきたので、伊豆味に向かう途中で沖縄そばを食べに『もとぶ食堂』へ立ち寄りました。今日も美味しい沖縄そばとジューシーを頂き、大満足です。食事後、その隣に露店のフルーツ直売所があり、覗いてみたのですが、ここも安い!スナックパイン300円とパッションフルーツ500円を購入。パッションフルーツの形(見栄え)は悪いのですが、中身は一緒!何の戸惑いもなく購入しました。

その後、今日は名護の沖縄フルーツランドに行く予定だったのですが、明日の天気があまり良くないとの事で、急遽真栄田岬の青の洞窟シュノーケリングツアーを今日に繰り上げることにしました。

一気に沖縄自動車道をひた走り、恩納村の真栄田岬へ移動しました。本日の宿泊はペンション『サンセットビーチハウス』さんだったのですが、到着したのが14:30!まだチェックインの時間にはなっていませんでした。それでもかすかな期待をして行ってみると、スタッフのせっちゃん(帰ってきてから名前を知ったのですが…)がせわしくなくお掃除をしておりました。「まだ早かったかなぁ~」と思いつつもドアを開け、名前を言うと携帯でオーナーに取り次いでくれ、チェックインOKに(o^-^o)

シュノーケルの開始時間16時までのひと時をペンションでゆっくりとさせて頂きました。こ2009_05050142このペンション4部屋しかないのですが、全てオーシャンビューなんです。設備も整っており(TVもBS・CS対応済でチャンネル数沖縄にしては多いです)、値段は民宿よりはやや高めの設定ですが、内容を見れば大満足です。更にはオーシャンビューのテラスやブランコ、ハンモックとゆったりとしたひと時を過ごすのにはもってこいの所かも知れません。

あっという間に1時間が経ち、水着に着替えてシュノーケリングに出発です。今回、お世話になったのは、ペンションから程近い『ピンクマーメード』というマリンクラブの国吉さんです。ウェットスーツとライフジャケットを装着し、真栄田岬の駐車場から徒歩で海岸岸へ。『波が高め(潮が逆向き)なので、今日は泳いでいくのは大変なので、崖づたいに歩いて行きます』と言われ、急にワイルドな世界に。でも岩がごつごつとしているので滑りにくく安心して歩いていくことができました。5分程度歩いたのでしょうか…洞窟の入口に到着し、ようやく目的 2009_05050081 2009_05050091 の場所に来ました。中に入るとエメラルドグリーンの世界が広がりました。何とも神秘的な世界の中で、『サブーン』と水中に入り、水の中を覗きこみました。すると、魚もいっぱいいます。こんな光景(水の色とのコントラスト)見た事がありません。しばし、洞窟内をシュノーケリングしました。

さて、帰りはシュノーケリングしながら岸まで戻りました。ここでもいるいるお魚たちが!

2009_050501252009_050501272009_05050121 沖縄本島の海も全然離島と変わりません。素晴らしい海を堪能させてもらいました。

Pict0057 帰りに国吉さんに連れて行ってもらった秘密のビーチ『ピンクマーメイド岬(国吉さんが勝手に命名した名称)』に案内して貰いました。ここもサンゴが豊富で、魚がいっぱいいそうです。とりあえず、場所だけ把握して、後日行ってみる事にしました。

今回ご案内頂いた『ピンクマーメイド』の国吉さん、元は某銀行のサラリーマンだったそうな。銀行辞めて、脱サラし、大好きな海での仕事をこの3月から始めたそうです。私と同じ脱サラ派なので、応援してあげたくなってしまいました。

さて、そんな国吉さんとお別れし、ペンションでシャワーを浴び、テラスから外を眺めている2009_05050128 と綺麗なサンセットが見えてきました。ほんと景色の良いペンションです。最後は水平線に雲があり、雲の中に太陽が隠れてしまいましたが、綺麗なサンセットを見ることができ、大満足でした。

長い長い1日ですが、最後のお楽しみは夕食です。恩納村の中心部まで車で行き、『居酒屋恩納つばき』で夕食です。食事はどれも美味しく、大満足でした。(帰りはもちろん家内の運転で帰りました)

ペンションに戻るとまだテラスが賑やかなので、ちょっと顔を出し、泡盛を頂きました。程なく、家内と娘は部屋に戻ってしまいましたが、一人で飲むのは慣れているので、チビチビと旅の楽しさを満喫していました。すると、隣の席で接待していたオーナーのサトシさんが来て、『隣に座ってもいいですか?』というので、『WELCOME』で一緒に飲ませて貰いました。色々お話聞くと、このペンションまだ出来たばかりだとか、テーブルも届いたばかりだとか、このペンションをオープンしたいきさつなど色々なお話が聞けました。元々名古屋の方で沖縄に移住されたみたいですが、本当に羨ましい限りです。私も生まれ変わったら、沖縄に住みたい…。

そんなこんなで、泥酔状態となり、あっという間の就寝となった2日目でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

沖縄3泊4日(1夕食3朝食付)激安の旅~PART1

はい今回のGWはETC1,000円均一でどこも近郊は混むだろうという予測の元、飛行機でひとっ飛び初夏の沖縄に行ってきてしまいました。

GWの沖縄は、当然滅茶苦茶高いのが一般的なのですが、今回もやりましたGWど真ん中で大人一人67,450円、子供は33,175円。しかも3泊4日1夕食3朝食付きです。

そして、GW中は例年沖縄は梅雨入り直前で天気も芳しくないのですが、今年は予報は全て晴れ!これまたラッキーでした。

ということで、JALの羽田9時発の飛行機で那覇へ向かい、到着後レンタカーを借りにOTSレンタカーの営業所へ向かおうとしました。ところが、さすがGW!空港の受付は大混雑結局、飛行機が到着してから、車を借りるまで1時間半を要してしまいました。(高速道路の大渋滞を思えば、まぁこの程度は致し方ないか!)

車を借りて、いざ出発!しかし、お昼も大幅に過ぎていたので、まずは昼食です。レンタカー2009_050500022009_05050003 の営業所からちょっと走った所にあった沖縄そばやさんへ早速入りました。たまたま見つけたお店『そば処 とんがらし』です。まだ、開店してそんなに経っていないような感じでしたが、辛党の私にはとても魅力的な店名だったので、思わず車を止めました。私は当然、とんがらしそば、家内はよもぎそば、娘はオーソドックスに沖縄そば、そして3人で一つジューシーを頼み、少しずつ頂きました。どれも美味しく、とても良い店にいきなり巡り合えました。特筆すべきはジューシーと激辛のスパイス(乾燥させた島とうがらしを細かくしたもの)が私的には感動しました。(もちろんそばもスープも美味しいのですよ)

腹ごしらえをした後は『ひめゆりの塔』へと向かいました。8年程前、下の娘を連れてきて2009_05050005 はいるものの、当たり前ですがまだ何も関心を示さず、私たちもゆっくり資料館を見ることができなかったので、今回再訪したのでした。最初はピンと来ていなかったようですが、資料館の中に進むにつれ、戦争中の女学生たちの悲劇が伝わった様子で、手記を一生懸命に目を通していました。本当に自分の娘たちだけではなく、私たちの世代も含めて、幸せなんだと改めて思い知らされると共にあんな悲劇は二度としてはいけないともまた改めて強く思い知らされました。

ひめゆりの塔を後にして、今度は『糸満観光農園』へ。お目当てはたった一つ!ここの名物『パッションフルーツワイン』です。ちょっと一舐め味見しましたが、これは酸味が効いた甘さでとても美味しい味でした。早速、一本調達し、帰ろうとしたのですが、ちょうどイベントがやっていて、パッションフルーツの販売とアセロラの販売もしていたのでした。アセロラはジュースでは飲んだ事はありますが、実を食べたのは初めて!でもさくらんぼみたいな感じなのですが、実が少ないのであまり、うん!というかんじではありませんでした。でもパッションフルーツは美味しかったので、一袋購入して帰りました。

次に向かった先は、奥武島の『中本鮮魚店』へ。行列のできる天ぷら屋ということでした2009_05050007 が、行ってみると周りの風景からはちょっと想像できなかったのですが、本当に行列を作っていました。値段も安い(60円)ので、『海ブドウ』『さかな』『いか』『もずく』と『アーサのかまぼこ』を購入。早速食べました。どれも美味しかったのですが、『海ブドウ』の天ぷらだけはちょっと…。(当たり前ですが『海ブドウ』からあのプチプチ食感が無くなればただの海藻です。)でも安くて美味しかった!

時間を見るともう16時です。結構いい時間になったので、一気に北部の本部町の本日の宿『民宿・岬』へと向かいました。ここからは、沖縄自動車道約60kmを一気に走りぬけていきます。

美ら海水族館の近くにあるのですが、最後はちょっと迷いました。フク木並木の中を入って行った奥にありました。開発されている美ら海2009_05050009水族館周辺とは大違い。昔の集落の装2009_05050008_2 いを醸し出させてくれるとても良い雰囲気でした。まるで、竹富島にいるような感じさえしてしまいます。到着した時間は18時近く。でもまだ周りは明るいのですよね。さすがに沖縄です。夕食後は疲れが一気に出てあっという間の就寝でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »