« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

研修会~段取り上手になる為には

委託を受けている研修会も二年目に入り、二順目。昨年、新入社員教育を実施したメンバーを集めて、このメンバーとしては二回目の研修会を行いました。今年の新テーマは『仕事を段取り良くこなす為には…』というお題です。

偉そうなことをいう私も段取りはわかっているつもりでも、実際の実務の段階になるとなかなか教科書通りには進まないものです。

研修資料を作りつつ、研修を行いつつ、自分に言い聞かせたのは

①一つの事を始めたら、あれこれ考えず、一つの事に集中する。

②翌日の予定を確認し、準備すべきものは前日に全て準備しておく。

という二点を心に誓い、仕事を進めていこうと決意いたしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テニス大会(2009年夏季)

昨夜遅く、九州から8泊9日の旅行から帰って来たばかりだというのに、今日は早朝からつくばへテニスでお出かけです。我ながらタフだなぁ~と。

朝6時に起きて、6:45に出発。秋葉原を経由してつくばエキスプレスで守谷へ。そこからは、車に便乗させて頂き、つくば市にある北部公園テニスコートへ。

9時から練習。9:30頃から試合開始だったのですが、今日はカンカン照りで、滅茶苦茶暑い!よっぽど奄美大島の方が涼しかったと思いました。

試合は全5試合。第一試合は完勝したものの、第二試合は途中で息切れしドロー。以降3連敗で結局1勝3敗1分でどうしようもない結果になってしまいました。明らかに疲れが出ていたのがわかります。(負け惜しみではありません…)

まぁ~、今回無理をしたのは前回の春季大会も欠席しているので、何とか今回は出ようと思っての無茶でしたので、久し振りのテニスの試合が出来、結果はさておき、満足のいく1日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

九州・奄美大島~皆既日食の旅PART9(最終日)

朝8時、鹿児島港へ入港しました。いよいよこの旅の最終日が始まりました。最終日は鹿児島観光です。飛行機は夜なので、それまでレンタカーを借りて、鹿児島観光をしようという予定にしていました。

港から、タクシーで鹿児島中央駅近くのレンタカー屋まで行き、車を借りて、いざスタート!目指すは、知覧です。知覧は戦争中の特攻隊基地で、資料館もあるので、かねてから夫婦で行きたいとは思っていたものの、子供も小さかった事もあり、歳取ってから二人で行こうねと言っていました。ただ、今回鹿児島経由の旅となったので、行かない手はないという事で、鹿児島観光のメインにここを据えていました。

2009_072501361 鹿児島市内をスタートし、しばらく走ると路面電車が!路面電車は色々な所で見たので、特に珍しくはなかったのですが、線路の周りが、天然芝なんです。すごく綺麗で思わず、写真を撮ってしまいました。鹿児島市内を抜け、指宿スカイラインを走り、知覧へ。途中、P.A.があったので、そこで朝食を取る事に。私はうどんを食べたのですが、家内と娘は、やきいもを買って食べるというのです。好きなんですよね。女性は!(私は全く興味なし…)

2009_072501381ところが、ここで珍しい芋を教えて貰いました。その名も『にんじん芋』(写真左です)!中が人参のような色をしていてとっても甘いんだそうです。(私は食べていないので聞いた話ですが…)

2009_07250140 パーキングのテーブルにもにんじん芋の種イモが…

2009_072501411 ここのパーキングには立派な吊り橋が!ただ、渡り始めた瞬間に集中豪雨に見舞われ、あえなく退却!

あまりににんじん芋美味しかったらしく、家内は知覧I・Cを出てしばらく走った所にあった農産物直売所でにんじん芋を購入していました

2009_0725014212009_072501501さて、いよいよ本日のメインイベント知覧の町に入ってきました。特攻平和会館への道のりは燈篭が立ち並び、気持ちが引き締められていく思いでした。途中、あの特攻隊の母“島濱トメ”さんの富屋食堂があり、映画などで見た光景が走馬灯のように思い出されました。

2009_072501431 平和会館の敷地に入ると、その島濱トメさんに石原慎太郎が書いた碑が建っていました。

2009_0725014612009_0725014712009_072501481 特攻平和会館は、かなりゆっくり見学したので、結局3時間弱程度色々な資料を見入ってしまいました。しかし、お国の為とはいえ、なんであんなに若者が自らの命を犠牲にして、特攻隊として飛び立っていったのか?現代に生きる私達にとってはどうしても理解し得ないものがあります。ああしないと家族や恋人、友達が連合軍にやられてしまうから!だから自らの命を投じて、日本を守り抜く!という決意だったのでしょう…。しかし、いくらなんでも、あんなバカげた作戦は有り得ませんよね。当たり前ですが、平和の尊さ、戦争なんていうものを絶対にやってはいけないという事をつくづく感じてきました。びっくりしたのは、小学5年の娘は、こんなに長くいたら飽きてしまうかな~と思ったのですが、結構、真剣に見ていたのにはちょっとビックリというか感心してしまいました。

知覧・特攻平和会館を後にして、次に目指したのは枕崎です!枕崎と言えば、鰹。今日のお昼はちょっと遅くなりましたが、枕崎で鰹を食べる事にしました。枕崎のお魚センターの展望レストランで食べてきました。そのあとは、一階で鰹節やら色々買い込んで、またお土産が増えていきました。

2009_0725015112009_072501561 次に目指したのは、開聞岳です。ドライブしながら開聞岳の周りを回り、長崎鼻へ行き、車を止めて、開聞岳をみました。薩摩富士と呼ばれるだけあって、本当に雄大でかつ綺麗な山でした。

この旅の最後に訪問したのが、指宿温泉!指宿温泉と言えば、砂蒸し風呂なのですが、2009_072501581_2 家内と娘の同意が得られず、砂蒸し風呂は却下…!結局、街にある元湯(言わば地元の人達の銭湯)に行くことにしました。時間も午後3時くらいだったので、貸切状態でのんびりと温泉につかってきました。

そして、一路鹿児島空港へ。レンタカーを返却し、鹿児島空港からのANA最終便で羽田へと向かう予定でした。ところがこの日は鹿児島地方は集中豪雨に見舞われ、我々の前の飛行機(名古屋行)は欠航に…。私達の飛行機も出発の見通しが立たない状況になっていました。ハラハラドキドキしましたが、結局50分遅れで飛び立ち、羽田へは二時間遅れで到着。家に帰ったら、ほぼ24時近くになってしまい、最後の最後までハードな旅となりました。

でも、こうして小学校時代からの夢だった日食観察の旅に行くことが出来、完全な形で見る事はできませんでしたが、満足のいく旅行でした。次回は2012年ケアンズに行くぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

九州・奄美大島~皆既日食の旅PART8

さて、今日は奄美最終日!夕方加計呂麻島から奄美本島に戻り、夜の船で鹿児島に向かう予定です。

2009_072501131 奄美本島に渡るフェリーは16時前なので、それまでペンションから程近いスリ浜というビーチで泳ぐ事にしました。ペンションのオーナーさんから潜るポイントも教えて貰っていたので、それに従い、左端のビーチへ。いやいや、予想以上に魚が一杯いました。

2009_0725008812009_0725008912009_072500901 ツノダシ、チョウチョウウオ等‥

更には、クマノミのネグラも発見!

2009_0725009812009_072501031 クマノミに餌あげたのですが、クマノミってその場で食べないで、ネグラのイソギンチャクの中に運んで行くんですね!まるでアリの様相でした。へぇ~と感動したのですが、娘に『知らなかったの?』と一言。『学校の教科書に載ってるよ!』だって…。ガックリ…。

2009_0725010712009_072501091

あとはもう魚!魚!ほんとここは沖縄ではないんですよね!いゃあ、奄美を侮ってはいけませんよ。ホントに!

潜って夢中になっていると、時間の経つのは早いものです。あっという間に13時でした。お昼も食べなきゃならないし、着替えもしなければならないので、取敢えずペンションへ一旦戻り、シャワーを浴び、ランチを食べました。ここのランチもとても美味しかったです。

15時に船着場に行き、いよいよ加計呂麻島ともお別れです。こんな綺麗な海、また来たいものです。(もちろん、東京からの直行便で!)約20分で本島の瀬戸内町に到着。そこから、車で名瀬市街へ戻り、お土産など物色し、レンタカーを返し、夕食を食べ、21時に帰りのフェリーへ乗り込みました。

2009_072501341 帰りもまさに奴隷船です。加計呂麻島の静寂と時間の流れがウソのようです。ゲッソリしましたが、これも覚悟の上!

睡眠薬(ビール)飲んで、一気に寝てしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

九州・奄美大島~皆既日食の旅PART7

がっくりしてしまった日食の旅…。本当は今日帰りたかったのですが、船が取れなかったので、一泊延長計画となって、奄美本島からフェリーで20分加計呂麻島に渡りました。ここなら、良い海に巡り合えそうな気がして、選択してみました。

お昼過ぎに加計呂麻島に渡り、今日宿泊のペンションホライズンクラブに取敢えず行きました。チェックインの時間にはまだ早かったのですが、部屋に入れて頂くことができました。「助かるぅ~」水着に着替えて、海にレッツGO!

今回の旅行では海の泳ぎは初ですので、たっぷりと堪能しましたが、沖縄に負けず劣らず、素晴らしい海でした。

2009_07251 綺麗なブルーのアオヒトデ!

2009_0725005312009_072500581 魚たちも一杯!チョウチョウウオもいました!

2009_072500701 家内は、海に行くと必ず収穫する貝殻集め!

こんなに集めたら、持って帰るの重いって!

2009_072500661 浜にはでっかなヤドカリくんが!

あっという間に夕方…。時間の経つのは早いものです。宿に戻り、シャワーを浴びてしばしのんびり。

宿(ホライズンクラブ)には、二匹のマスコットがいるんです。黒ラブのインディーと猫のチャミです。

2009_0725012212009_072501251 実は、ここのペンションを選んだのは、この二匹のマスコットがいるという情報からなんです。うちの娘は動物大好きなので、きっと喜ぶかと思って…。案の定、楽しそうに二匹と戯れていました。

夕食後、みんなで手持ち花火大会をして、楽しんだ後、泳ぎの疲れも出て就寝(ZOO…)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

九州・奄美大島~皆既日食の旅PART6

さて、いよいよ皆既日食の日がやってきました!!朝5時に起き、外を見てみるとやはり暗雲が…。しかし、所々雲の切れ間もあり、奇跡を信じて、朝6時に宿を出発しました。9:35~の皆既日食でこの時間の出発は早過ぎるかとも思いましたが、途中渋滞する事も想定して早めに出発したのでした。

途中、車の流れが悪くなる事もありましたが、順調に名瀬の街を通過でき、観測ポイントに入る前に、昼食を購入すべくコンビニに入りました。ところが、おにぎりや弁当がもう殆どないのです。これは予測していませんでした。仕方なくパンを購入して、観測ポイントへ。8時過ぎには昨日下見していた観測ポイントに到着しました。既に一家族が来ていましたが、その後も3~4家族が来た程度で、ポイントとしては穴場でした。

気になる太陽はというと、『出ています!』ピッカピッカの太陽ではないものの雲の間からそ2009_072500152009_07250018 の姿が見え隠れしています。うちの娘の夏休みの自由研究は『日食観察』に決めていましたので、車の日陰に100均で買ったマグネット付の温度計を装着。日食メガネも用意し、日食開始となる9:35が来るのを天気とにらめっこしながら待ちました。

9:40分頃になると、日食メガネでも太陽が欠けてきたのがはっきりわかり、周りから歓声が上がりました。だんだん欠けていく様子がはっきりとわかり、10:30位にはもう半分程度。ただ雲が多くなってきて、その後はだんだん太陽が見えにくくなり、日食メガネでは観察できなくなり、デジカメでもよく見えず、望遠鏡での観察がまぁまぁという感じになってしまい、がっくりです。皆既の時間が近づいてきましたが、太陽の姿は殆どわからず、出るのはため息ばかり…。そして皆既の時間!太陽を見る事は殆どできません。でも周りを見渡すと一気に暗くなり、風は冷たく、そして水平線には夕焼けが!し2009_07250027 かも、一方向ではないんです。これはっ…!確かに太陽は見えませんが、感動的なものを五感で感じる事ができました。皆既日食と言うと、ダイヤモンドリングやコロナが脚光を浴びますが、この空気を感じる事もまた日食の魅力だと痛感しました。(決して負け惜しみではありません!)

娘は、20分おきに気温の記録を取っていましたが、皆既日食が始まると32.0℃あった気温が徐々に低下していき、皆既中は29.0℃まで低下しました。わかってはいても、その現実を体感するとビックリするものです。

結局、これで皆既は終了し、私達は気温の上昇していく様子も記録を取る必要があったので、その場に残りましたが、他の人達は一斉に退却。我々しか皆既からの復帰は観察していませんでした。それはそうですよね。太陽が見えないのですから…。

12:00になり、私達も帰ろうとしたのですが、ここで大トラブル発生!日食に夢中になっていて、ラジオをかけっ放しにしていたこと忘れていて、車のバッテリーが上がってしまったのです。さっきまでなら、人もたくさんいたので、何とかなったのですが、今はひとっ子一人いない秘境。近くに民家はあったのですが、お年寄りばかりで車の事は×。仕方なく、トヨタレンタカーに電話して、救援隊がくるまで残留。何とも恥ずかしい大失態です。

13:00頃ようやく救援隊が到着。バッテリーを復旧し、エンジン始動!助かりました。

帰りは、大渋滞です!奄美大島で約6km渋滞!!信じられません。まぁ~、殆ど一本道ですし、観念してゆっくり帰る事に。

2009_07250037 帰り道、宿の近くに滝があり、見物に。結構素晴らしい滝なんです。観光地だったら、観光ポイントになりそうですが、宇検村はちょっとはずれだけあって、観光化は全くされていませんでした。でも、綺麗な滝でしたよ。

2009_07250038 そして、宿の隣にある『開運の郷・開運酒造』へ。ここは黒糖焼酎れんとの製造元なんです。工場見学は、時間も遅かったのでせず、焼酎ゼリーを購入し、宿に帰りました。

宿に帰ってから、ニュースを見ていましたが、硫黄島が見えたとか…。硫黄島の船上クルーズも申し込んでいたのですが、外れちゃったんですよねぇ~。こればっかりは…。

でも、今回皆既日食の空気だけでも体感できたので、また次の目標ができました。次は来年イースター島で皆既日食観察!!はちょっと時間もお金も無さそうなので、2012年オーストラリア・ケアンズで日食観察!これを今後の目標とし、生きていくことに決めました。日本で見れる2035年まではとても待ちきれません…。

日食マニアなんてバカじゃないの!と思っていましたが、あの空気を感じると病みつきになってしまうのがわかりました!!私も馬鹿の一員に名前を連ねさせて頂きます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

九州・奄美大島~皆既日食の旅PART5

早朝4:30船内客室の灯りが明るくなり、まもなく奄美大島名瀬港入港のアナウンスが!船は5:00の定刻より15分ほど遅れて名瀬新港に入港着岸しました。

眠い目を擦りつつも荷物をまとめ、下船。この船終着は那覇なのですが、やはり殆どの人がここで降りていました。まだ、早朝で特にする事もなく、荷物も多いのでトヨタレンタカーが開く8:00まで港の待合室で、取敢えずゆっくりすることにしました。

7:30過ぎ、街の中心部にあるトヨタレンタカーまで、私が一人15分ほど歩いて車を借りに行きました。天気は良く、早朝散歩でも汗だくです。車を借り、港に一旦行き、家族と荷物とを乗せ、取敢えず朝食を近くにあったファミレス『ジョイフル』で頂きました。そして、今日は何をしようか考えているさなか、携帯に電話が…。会社の電話は携帯に転送されるよう設定していたのですが、3連休の翌日だけあって、3本の電話が立て続けに…。ちょっと興醒めしてしまいましたが、休むとはお客さま方には殆ど言っておらず、致し方ない部分ではありました。

結局10:00近くまでファミレスにたむろし、ようやくレンタカーで出発。結局今日は、明日の皆既日食観察に備えて、現地下見に回る事にしました。東側の観測ポイントをいくつか回りましたが、結構当日は混みそうな予感がし、カーナビを頼りに色々回って、北西海岸側の佐仁という集落に穴場っぽい観測ポイントを見つけ、そこで明日観測することに決めました。

そんなことをしているうちに、もう12時近く。今日から2泊3日間泊る宇検村の『やけうちの宿』に向かう事にしました。宇検村は、空港近辺から2時間は掛かる島の反対端っこの方です。一年前に宿さがししたもののここしか取れなかったんです。

2009_07250010

この宿は、村営の宿なのですが、宇検食堂ややけうちの湯を併設していて、昼食はここで頂くことにしました。(写真はお子様ランチ)

2009_07250044 それでも、値段の割には、とてもいい宿でした。食事も美味しいし、大きなお風呂にも入れるし…。もう少し、港や空港から近ければ、絶対繁盛するんじゃないかと思う宿でした。

(左)2009_072500392009_072500412009_07250042おつまみセット(中央)レディースセット(右)やけうちご膳

今日は、大したことはしていませんが、明日の日食に備えて、また九州で遊びまくった疲れを取る為にも早めに就寝しました。ただ…、天気予報が急変、明日の天気に不安を持ちながらの就寝でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

九州・奄美大島~皆既日食の旅PART4

4日目の朝、今日は外は雨!朝食後、非常に居心地の良かった“田舎風ロッジ”の撤収準備を始めました。子供達は朝から“大トランプ大会”まぁ~最後だしとも思い、ギリギリまで遊ばせてあげました。結局チェックアウトギリギリの11時にキャンプ場を経ち、途中昨日あまりに美味しかった“みやべの桜肉馬肉コロッケ”を再び購入し、一路鹿児島へ向かいました。

鹿児島は思っていた以上に結構遠く、到着したのは15時近く。取敢えず、向かった先は鹿児島北ICから程近い所にある『ヤマダ電機』。目的は、昨日壊れてしまったデジカメの代替えを買う為に寄って貰いました。

事前に機種はほぼ決めていたので、迷う事はなかったのですが、それがちょうど広告の品になっており、安くなっていたのが不幸中の幸いでした。購入したのは、OLYMPUSのμTOUTH-6000。3m防水なのが、購入の決め手でした。シュノーケリングをやる私には、うってつけの商品だったのです。壊れたカメラはプロテクターまで購入したのですが、3m防水ならそれも不要ですので、優れものです。

そして、いよいよ奄美行きの乗船手続きをし、近くのコンビニで夕食の仕入れをし、乗船待合室でしばし、延岡の家族との別れを惜しんで談笑(子供達は日ここでも“大トランプ大会”…ホント飽きないなぁ~)。そんな中、うちの子供が『また、宮崎へ行きたい!一人ででも』と…。あんぐり口を開けてしまいましたが、まぁよく考えて前向きに検討してあげる事にしました。何しろうちの娘にとっては、皆既日食はメインではなく、ここまでの4日間を楽しみにあとは両親に付き合って仕方なく着いてきたというのが本音のようなんです。

2009_07250007 17:40になり、いよいよ乗船。楽しく遊んだ延岡の家族ともここでお別れです。乗船後、 甲板に出ると、皆、見送ってくれていて、ほんと有難い限りです。考えてみると竹富島で知り合い、その時にお別れした時も、昨年も、いつも見送られる側ばかり…。一度は見送りしたい!って変ですかね?(笑)

2009_07250006 船内で落ち着くと、そこは“奴隷船”の様相。一応指定席の2等だったのですが、通路にマットが引いてあり、そこが私たちの席だったのです。ある程度予想はしていたものの、気が重くなりました。

船内には、展望風呂があるので、家内と娘に先に行ってもらったのですが、その間船員さんが来て、「2等の客室に空きがあるので、移動されませんか?」と。取敢えず、様子を見に行った所、20人程度寝れる部屋に8人程度しかおらず、ガラガラだったんです。これ2009_072500011 は、移動するしかないと思い、家内達が戻ってきてから移動することにしました。冷房の効きも違うし、静かさも違うし、快適でした。お陰でゆっくりと寝る事が出来、地獄から天国の思いでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

九州・奄美大島~皆既日食の旅PART3

3日目は、キャンプ場周辺でゆっくりとする事にしていました。これから先、まだまだ長い事を考えれば、ここで少し休息を!と思っていたのでした。

朝食後、山都町にある馬肉桜コロッケで有名な“肉のみやべ”へ行きました。まだお腹もすいていないので、取敢えず2時頃引き取りに来ますと予約。馬刺しも美味しそうなものがあったので、それも予約。そして、近くの川(馬見原橋)で泳ぐ予定にしていたのですが、みやべの方に「飛びこめる川、近くにありますか?」と聞いてみたら、教えてくれたので、そのポイントに行く事にしました。

行ってみると、確かに岩の下が深くなっていたので、飛び込めそうでした。ただ、いきなり子供達に飛び込ませるのも危ないので、不肖この私が実験台に!『サブーン!』全く問題ありませんでした!むしろ浅い位で足が飛び込んだ瞬間には下に届いてしまいそうな程度でした。それにしても、五ヶ瀬川の上流だけあって水温がめちゃ冷たかった!しばらくすると、寒くなってきたので、河川に転がっている小枝を集めて“焚き火”をして子供達が上がって来た時の為の暖を取りました。

ここでアクシデント発生!我が家のデジタルカメラが動かなくなってしまったのでした。色々、いじってみたのですが、復旧不可能!!致し方なく、その後はH家のカメラや携帯で写真を撮っていましたが、その後の奄美での日食はそうはいきません。ここは思い切ってカメラを翌日行く予定の鹿児島のヤマダ電機で買う決断をしました。

さて、そんなトラブルもありましたが、川での河水浴を終え、朝予約しておいた肉のみやべに行き、馬肉コロッケを購入し、早速その場で食べました。これが噂通りとても美味しかったのです。サクサク感といい、馬肉の美味しさと言い…。やはり、事前情報の収集は大切です!

キャンプ場に戻り、今日は薪をくべ、かまどでご飯を炊き、五右衛門風呂で風呂を沸かしました。そして、五右衛門風呂に皆入ったのですが、下が熱かったとクレームが!すのこのようなものがあったのですが、それはてっきり風呂上がりの台とばかり思っていたのですが、どうやらそれを釜の底に敷くのが正解だったと気が付いた時は時すでに遅し…。とんだ失敗でした。

しかし、かまどで炊いたお焦げ付のご飯は美味しかったですし、みやべで買った馬刺しもとても美味しかった…。

今夜も子供達は大トランプ大会…、そして花火大会!と遊びつくし楽しそうでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

九州・奄美大島~皆既日食の旅PART2

二日目の朝、6:20に起床。H家のご主人は今日仕事で6:40には出発。本当は道中一緒に回れたら良かったのですが、仕事では致し方ありません…。唯一の飲み相手!愛煙家仲間でしたので、残念です。朝もまだ頭がボッーとしている中、ろくな挨拶もできず申し訳ありませんでした。

二日目の午前中は、延岡のH家の奥さんもお仕事ということで、私が車を借り、昨年うちの娘に大変好評だった『石並川キャンプ場』の川へ泳ぎにH家の子供達も一緒に連れ、遊びに行きました。やはり、うちの子は海よりプールより川で泳ぐのが楽しいようで、3時間余り時の経つのも忘れ、思いっきり楽しんでいました。しかし、楽しい時間はあっという間!午後一時になったので、石並川を引き上げ、一旦延岡に戻りました。そこで、仕事から戻ってきた奥さんも合流し、西日本最大のキャンプ場と言われている『服掛松キャンプ場』に向かいました。途中、ケーキ屋さんに寄り、ケーキを購入。実は、今日は末娘の誕生日なんです。

旅先で誕生日を迎えるなんて、我が家では今迄有り得なかったことです。これも日食の日程からきたイレギュラーです。でも、きっと良い思い出になるのではないでしょうか?キャンプ場で迎える誕生日なんてきっとこれからもないかも知れません。

延岡から約1.5時間走り、キャンプ場に到着。ここで予約していたのは“田舎風ロッジ”で090720_102302 090720_102301 した。予約時に面白そうだと思って、予約してみたのですが、その想像をはるかに上回る建物でした。

まず、入口を入ると土間!そこには、かまどと冷蔵庫、キッチン、ガスレンジが並んでいました。今時、東京に住む我々には土間なんて滅多に体験できるものではありません。

さらに居室に入ると、中央には囲炉裏があり、庭側には縁側廊下が!もう最高!!

090720_102701090720_102501090720_102401090720_102103

でもそれだけではありません。お風呂は“五右衛門風呂”になっており、ガス給湯でお湯張りは出来るのですが、薪でも炊けるようになっているのです。すごい!の一言。こんなロッジを私の家族三人とH家家族3人の6人で貸し切れてしまうなんて、素晴らしいの一言です!!

090720_102102090720_102202

時間も時間だったので、今日の所は薪で炊事や風呂沸かしをするのは見送り、明日の楽しみに取っておくことにしました。ということで、今日の夕食はバーベキューだったのですが、H家の奥さんが働いているレストランのマスターがオードブルを差し入れて頂き、これがまた美しく美味しいことと言ったらありませんでした。キャンプ場でホテル料理を食べてしまっているような感じで何とも凄い豪華な夕食にありつけました。

夕食後は、わが娘のバースディパーティー!その後はいつ終わるのかわからない大トランプ大会!子供達の笑い声と楽しそうな顔を見れて、やっぱり今年も宮崎に来てよかったと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

九州・奄美大島~皆既日食の旅PART1

さぁ~、いよいよ今日から待ちに待った皆既日食ツアーwith南九州8泊9日の始まりです。

末娘は、今日は終了式!学校終わって帰って来たのが、午後2時前。お兄ちゃんが今日は会社休みだったので、空港まで車で送って貰い(助かった~)、15:55発の宮崎行きの飛行機に乗り、一路宮崎へ。

そう、今回の旅行の前半戦のイベントは2年前竹富島で知り合い、昨年も遊びに行きお世話になった延岡のご家族との南九州旅行です。

宮崎空港に着くと、このご家族が延岡から迎えに来てくれて、そこから車で一路延岡に。途中、木城町の川原自然公園に立ち寄り、河原でうなぎと鯖寿司で軽く腹ごしらえをして、子供達は河川プールで一泳ぎです。ちょっと4時間前位には東京の自宅にいたなんて信じられない感じでした。それと時間はもう20時近くでしたが、まだ薄明るく宮崎と東京の日没時間の差を改めて痛感しました。そこから、更に一時間余り。延岡に着いたのは夜22時近く。

今日は、こちらのご家族の自宅で一泊お世話になる予定なのです。家に戻ってから、改めて“ゆんたく”!珍しい酢味噌で食べるサメの肉、宮崎地鶏焼、鶏のポン酢あえ、ギョーザどれもとても美味しくお酒も進むこと進むこと!中でも、ゆず胡椒と酢醤油で食べたギョーザは初体験で美味しかった。ゆず胡椒って色々なものに合うんですよ。これが…。

そんなこんなで、あっという間に夜は更け、酔いも回り、私はいち早くZOO…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

信州上田へアンズ狩り…いやアンズ買い

昨年は一泊二日で行きましたが、今年は日帰りで信州・上田あんずの里へ行ってきました。

アンズは家内の大好物で、おねだりをされて出掛けたのでした。

出発は午前9時。途中渋滞もあり、到着したのは午後2時近く。でも、一K100円の安いものから100円刻みで500円まであり、色々試食をさせて貰いましたが、我が家は200~300円の物が口にあいました。酸っぱいのが好きなんですよ。結局4kg近く購入して来ました。

帰りは、山越えをして、2月以来二度目の草津温泉へ。意外と近くて一時間ほどで到着。西の河原温泉と湯畑隣の白旗の湯につかり、温泉街を散策して、帰京しました。ほんとは、泊ってきたいくらいでしたが、子供達を家に残して来ているので、車を飛ばして帰りました。家に着いたのは午後12時前。一日600キロを走破。結構久々ハードなお出掛けでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »