« 仕事納め⇒南の楽園フィジーへ | トップページ | マナ島へ~フィジー2日目 »

フィジー到着!~フィジー一日目

朝4時頃に起こされ、機内食の朝食が配ぜんされました。『さっき食べたばかりなのに…』と思ったのですが、フィジーと日本は現在サマータイム中という事で、4時間(通常は3時間)の時差があるのです。故に日本時間の朝4時は現地時間の朝8時で、朝食が出てきても全くおかしくないのでした。(このサマータイム、なんでも、フィジー政府が今年からやると決めたらしいのですが、決定から2日後に施行という超スピーディな変更だったようで、ついて行くのが大変だったらしいです…こんなこと日本だったら大騒ぎになるなぁ~)

朝食後、朝10:20(日本時間6:20)にフィジー/ナンディ国際空港に着陸。飛行時間は、8時間40分でした。長時間でしたが、大半を寝て過ごしましたので、そんなに時間的には辛くありませんでした。しかし、しつこいですが10度のリクライニングは辛くて、なんか体の節々が痛い感じです。

空港で入国手続きを済ませ、まずは両替。レートは1F$(フィジードル)=約54円でした。(成田で両替するよりも3円程安く、儲かった感に陶酔!)空港にはJTBスタッフがお迎え、バス3台に分乗し、ラディソンホテルへ。ナンディタウンを抜け、約20~30分程度でほてるへ到着しました。

ホテルに到着すると、広間に集められ、ガイダンス&昼食でした。チェックインが15時なのPc260004 Pc260005 で、言わば時間潰しですね。ガイダンス中にフィジアンが乱入?『ブラ!』『ブラ!』と叫んで会場内を徘徊!フィジーでは挨拶は『ハロー』ではなく、フィジー語で『ブラ』なんだそうです。その他にも教えてもらったフィジー語は『ありがとう』が『ビイナカ』、『お願いします』が『ケレケレ』ということで、まぁ、英語の苦手な私にはさらなる苦痛ではありますが、現地人になったつもりで使いこなしてみようと思いました。

そんなことをしているうちに15時になり、チェックインの時間になりました。部屋に入ってPc260006 Pc260007 Pc260008 Pc260009 みると、ツアー金額からは思いも寄らない良い部屋でした。基調は白で、バルコニーもあり(大事な喫煙場所)冷蔵庫、ドライヤー、ポット、テレビ、インターネット回線(LANケーブル付)、アイロン+アイロン台、アメニティーも充実。ホテルとしては十分です。私たちの部屋は3階建の3階だったので、見晴らしも良好です。荷物を片づけた後は、街に出てみようということになり、タクシーでナンディタウンへ。

まずは、地元のスーパーに。色とりどりのフルーツがお出迎え!そこで物価検証。水は2Lで1.99F$、お菓子類は1~2F$。フィジPc260010 Pc260011 ーは物価が安いとは聞いていましたが、日本の激安スーパー価格程度で、東南アジア諸国ほどではありませんでした。でも、試食用にお菓子をいくつか購入してみて、食べようということになり、買ってみました。帰りはタクシーでポート・デナラウのショッピングセンターへ。ここは、ナンディ・タウンより若干高めですが、お店はクーラー効いているし、綺麗です。

Pc260015

Pc260014Pc260012 駄菓子屋を発見したので、ウィンドウォッチングをした後、スーパーに寄り、寝酒の購入!フィジービール2.8F$白ワイン23F$でキープです。酒類はまぁまぁ安いです。

ホテルに帰り、今日のディナーはラディソンホテル内でディナーバイキング!大人35F$、子供11F$はホテルにしては結構低価格です。

そうこうしているうちに夜20時になると外もようやく暗くなり、飛行機での時差ぼけも合い重なって、21時過ぎにはみんな熟睡でした。(日本時間だと17時なんですけどもね!)

|
|

« 仕事納め⇒南の楽園フィジーへ | トップページ | マナ島へ~フィジー2日目 »

おでかけ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

旅行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/413027/32752105

この記事へのトラックバック一覧です: フィジー到着!~フィジー一日目:

« 仕事納め⇒南の楽園フィジーへ | トップページ | マナ島へ~フィジー2日目 »