« ボラボラ島旅行記Ⅴ~モツタブピクニックツアー他 | トップページ | ボラボラ旅行記Ⅶ~カヌーブレックファーストとホテルからのサプライズ »

ボラボラ島旅行記Ⅵ~JTBモツピクニックツアー

ボラボラ島3日目となる今日は、午前中はJTB企画のモツピクニックツアーに行きました。これもツアーに元々組み込まれているものです。

ヒルトンから船でヴァイタベへ行き、そこからタクシーでマティラ岬の手前の港へ行き、そこで各ホテルから集結したツアー客と合流して、ツアーポートで出港しました。

まずは、船で10分ほど走り、マティラ岬の沖合で停泊し、シュノーケリングポイントでの遊泳です。

P1000168 P1000173

ロクセンスズメダイ、イッテンチョウチョウウオ、セナスジベラ、ヤミハタ

P1000175 P1000162

左はイッテンチョウチョウウオとロクセンスズメダイ、右はツノダシ(エンゼルフィッシュ)

P1000177 P1000184

左はベニオチョウチョウウオ、右はハクテンカタギ

P1000160 P1000182


左はアカヒメジ、右はタイ系だと思うのですが、よくわかりません。

という感じで、魚は豊富なポイントでした。大満足です

次のポイントは、サメの観察とエイの餌付けです。

またツアーポートで5分ほど走ったでしょうか?モツピティアアウの沖合で停泊し、船から降り、ロープにつかまりながら、エイとサメを観ました。もちろん、他の魚たちも共演です。

P1000211 P1000265

サメというと、すぐ映画『ジョーズ』を思い出し恐怖に駆られますが、ここのサメはそんなことはない温厚なサメなんだそうです。それにしても、凄い数です。我々ツアーメンバーの廻りをグルグルと周回しているだけで、突進したりはしてこないので、安心して写真を撮っていましたが、やはり気持ちのいいものではありません。

一方、エイの方は、タッチが出来たりということで、背中やしっぽを触る事が出来ました。背中はツルツルで、コラーゲンたっぷりという感じでしたが、尻尾はギザギザで触るとちょっと痛い感じでした。

P1000256 P1000228

このポイントは魚もウジャウジャいまして、こんな感じでした。

P1000206 P1000240
スダレチョウチョウウオとシチセンスズメダイの群れです。
こんなカタログが、ボラボラツアーに載っていましたが、てっきり合成写真かと思っていたのですが、現実で目の当たりにして、感動しました

ツアーポートの上から見てもこんな感じではっきりと見えます。

P1000280 P1000278

ゴミが浮いているように見えるのは、全部魚です。

このポイントで、十分楽しんだ後は、モツピティアアウの浜に上陸し、ビーチでのんびりと過ごしました。ビールとフルーツを食べながら、ココナッツの実の割り方や民族衣装バレオの着方などを教えて貰いました。

また、海へ向って泳いでいくと、ティキ像が水中にあるので探してみて下さいというので、一番乗りで捜索しました。

ありましたありました!!全部で4体発見しました。

P1000297_3 P1000299

P1000301_3

このティキはポリネシアンの守り神なんだそうです。これ、一番乗りで探しに行って正解でした。後になると、水中の透明度が落ちてしまい、良く見えなくなってしまいます。

以上が今日のモツピクニックツアーでしたが、これは昨日行ったヒルトンのモツタブピクニックツアーより、断然面白いかったです。大満足の半日でした。

そして、ホテルに戻り昼食のカップラーメンを食べ、またコテージ前の海へ。

Pc270064 P1000326

シュノーケルしている私の周りをこんな魚達が回遊しているんです。きっと餌貰えるとわかっているかのようで、非常に人に対する警戒心が無い魚達です。

|

« ボラボラ島旅行記Ⅴ~モツタブピクニックツアー他 | トップページ | ボラボラ旅行記Ⅶ~カヌーブレックファーストとホテルからのサプライズ »

旅行・地域」カテゴリの記事

旅行記」カテゴリの記事

おでかけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボラボラ島旅行記Ⅵ~JTBモツピクニックツアー:

« ボラボラ島旅行記Ⅴ~モツタブピクニックツアー他 | トップページ | ボラボラ旅行記Ⅶ~カヌーブレックファーストとホテルからのサプライズ »