« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

久々の試験勉強

今年の一つの目標『ダイビング免許を取る!』という計画の中、今朝オープン・ウォーター・ダイバー免許のテキスト教材が送られてきました。正直、ダイビングの免許取得にこんな分厚い(約250ページ)テキスト勉強や筆記試験があるとは、とても思っていませんでした。

しかし、時間もないので、朝11時から一気にこのテキストの勉強と問題集をこなし、何とかかんとか一通り頭に詰め込んでみました。

でも、ダイビングって、泳げれば簡単そうですが、意外とそうではないんだということも痛感させられました。シュノーケルなら、水面をプカプカと浮いているだけなのですが、ダイビングとなると、水深何メートルあるいは数十メートルと潜るので、内臓にとんでもなく負担が掛るようです。例えば、肺の中の空気は、水深が深くなれば水圧により圧縮されますし、浮上すれば膨張するというような事があり、これを急激に浮上などしてしまうと一発で窒素が体内に溶け込み大変なことになるようです。

ダイビングを侮ってはいけないと痛感させられました。よく体験ダイビングってありますが、あれはあくまでもインストラクターの方々が、その辺を調整してくれているだけで、なんでも自分自身でやるこのダイビングは操作を誤れば、死に至ることさえあるそうです。

何とか、試験勉強は終わりましたが、また気持ちを引き締め、目標に向かってやっていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

創立第4期の決算報告会

今日は、会社の決算報告を受けに顧問税理士の事務所へ行ってきました。

第4期はチョットだけ増収。経常利益はお陰さまで大幅アップという好決算で。ついについに法人税を初めてまともに支払う事となってしまいました。また第4期目ということで、今迄貰うだけ貰っていた消費税もいよいよ支払う事に…。(当たり前なのですが…)

なんやかんやと税金合算していくと70万近い数字に…。

うーん、今までは最低限しか払っていなかったけど、ちょっと節税対策考えないと、一生懸命働いて稼いだ利益が税金で持って行かれるなんて、なんか勿体ない感じがしてしまいます。

でも、わが社は消費税申告に簡易課税制度っていうのを使っているので、計算上の消費税差額が生じて、30万近い雑所得が経常出来たのです。これは、汗流して稼いだ訳ではないので、特別ボーナスみたいなもんでしょうかlovely

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今年の初ゴルフ~2012年

今日は、今年の初ゴルフ!千葉の房総カントリークラブでプレーして来ました。

過去のスコアを見ると、どうも寒い時期は、コンスタントに悪いという傾向が浮き彫りになり、1~3月までは自粛していた次第です。

で、いつもの通り、練習もせずラウンドしたのですが、スタートのOUTは62も叩いてしまい、寒いとかあまり関係ないんじゃないかとトーンdown

しかし、午後のハーフは48とupwardright絶好調sign03

何しろ、100を切ったことのない私ですので、ハーフ48なんて出来すぎなくらいのスコアでした。やはり、ゴルフは暖かくないとsign01と帰りはご満悦の2012年初ゴルフでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

世の中狭い!!

今朝、行きつけの地元スナックのママからメールが来たのですが、何事かと思いきや、そこのスナックの別のお客さんからママに電話が来て、その人が行っているコジェネ建設工事現場に、私の元勤務先の元部下が挨拶に来たという内容(通報)だったのでした。

このお客さんは、いつも一人で飲みに来られる方で、元々面識は無かったのですが、いつの日か仲良くさせて頂き、たまたま会えば一緒に飲んじゃうという間柄になってはいました。ただ、お互い仕事の話は殆どしないし、そういうつもりもないので、まさか関係のある仕事をしておられる方とは全く知りませんでした。

ホント世の中狭いです。どこでどう人と人が繋がるかわかったものではありません。人脈とは凄いものです。仲良くしていたから、役立つ人脈になるかもしれませんが、間違って喧嘩でもしていたら真逆になりますし、やはり全ての人達と友好的にお付き合いしておくことがいかに大事な事かヒシヒシと感じております。(ここのスナックで仕事で縁のある人と出会ったのは実に2人目なんです。普通はあり得ない!)

これが、元部下の仕事に少しでも役立つのであれば、スナックに落としているお金など安いものかもしれないし、飲みに行っている価値もあるんだなぁ~と勝手に自己満足している次第ですhappy01

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

管理者研修~報連相の環境づくり

今日から、新シリーズで報連相についての研修が始まりました。

今回の資料作りの中で、冒頭ちょっと調べてみたのですが、報連相、報連相っていうけど、これっていつ頃から、ビジネス用語として定着したのかなぁ~という素朴な疑問を解決しました。

1981年頃、山種証券(当時)の山崎社長さんが報連相という言葉を使い始めたんだそうです。

何でも会社でほうれんそうキャンペーンをやって毎月一日は報連相の日と決めて、生のほうれんそうにメッセージを書いて社員に配ったそうな…。

まだ歴史が浅いんですね。でも、報連相って社会でも習慣で身につけているようなものだし、受手側も発信側もきちっとしたマニュアルはないんですよね。

でも、受け手側が、すぐ怒ると報連相ってしなびちゃうんですよね。これは間違いないことだと思います。いや、多分これが一番の報連相の障害なんだと思います。それと“叱る”と“怒る”の違いでしょうか…?とにかく感情むき出しはダメですよ!

等々、また新たな研修バージョンを作成し、今年度の管理者研修がスタートしました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »