『もしドラ』がついに映画化!

今年の1月、浜松町でたまたま出会った『もしドラ』。まだその頃はそんな反響は無かったのに、この一年研修で課題図書として使っていたこのお気に入りの本、あれよあれよといううちに、今年のペストセラーになり、アニメ化が決定し…、まではこのブログでも書きましたがついに映画化が決定したとの報道が…。少しは期待はしていたのですが、まさかまさかです。

2011年6月。主演はAKB48の前田敦子、絶対見に行こう! http://moshidora-movie.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

『続・3丁目の夕日』を鑑賞

今日は、うちの奥さまもお休みだったので、二人で映画『続・3丁目の夕日』を見に行きました。私は、世代が一緒の薬師丸ひろ子の大ファンでして、若い時には、薬師丸ひろ子主演の映画は殆ど見に行ったと言っても過言ではありませんし、通学していた都立八潮高校に張り込み?に行ったり、結構ハマっていました。見に行った映画は『セーラー服と機関銃』『探偵物語』『Wの悲劇』『里見八犬伝』等々…、懐かしいですねぇ~。

薬師丸ひろ子は、ほんといくつになっても変わりませんよね。それに引きかえ…

『3丁目の夕日』の一作目も当然見ているのですが、まだ見ていない方もいらっしゃるので内容には言及しませんが、二作目の方がいいですよ!とても感動しますし、泣けてしまいました。お勧めです。

映画が終わったのが、12:50だったので、それから折角なので昼食をとることにしました。行った先は近くのアートホテルズ大森(http://www.arthotels.jp/omori/index.html)の昼食バイキングです。一人1,500円なのですが、メニューも豊富で、時間制限も無いのがここの特徴でして、ゆっくり食べれて大満足でした。ここもお勧めですよ。ちょっとへんぴな場所ですが、超ー穴場です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ZARDのTV特番(クローズアップ現代)を見て

今日、NHKのクローズアップ現代でZARD・坂井泉水さんの特集番組がやっていました。この番組を通じて、作詞家坂井泉水さんの偉大さを改めて痛感すると共に、本当に多くの方々がこの歌詞に励まされて1990年代を乗り越えてきているんだということも改めて感じさせられました。

私もZARDの歌(詞)は良い楽曲と自信をもって言っていたつもりなのですが、この番組を通じて坂井泉水さんが歌詞の一つ一つの言葉に込めている想いというものは、自分が今まで想っていた以上のもので、まだまだ歌詞の奥に秘められている気持ちを理解できていないことを強烈に感じてしまいました。そう感じたのは、「負けないで」の一節が最初は「負けないで もう少し 最後まで 諦めないで」だったのを「走り抜けて」に変えたという事も感銘しました。諦めないという言葉でも十分かもしれませんが、私の個人的な解釈では走り抜けるという言葉は一生懸命やって行く中で色々な障害があるかも知れないけれどもそれらも頑張って乗り越えていくという意味ではないかと思う。ふとした事だけれども、ちょっとした違いで歌詞が持つ意味というのは変わっていく…、改めて私はそんなZARD・坂井泉水さんの一人のファンだった事を嬉しくまた誇りに思えてなりません。

もう一度、自分の中でZARDを蘇らし、デビュー当時のアルバム曲からすべて一曲一曲丹念に歌詞を聞いて、考え、噛みしめてみたいと深く感じ入りました。

きっともっともっと今以上に忘れられないアーティストになっていくことだろう…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|