創立第4期の決算報告会

今日は、会社の決算報告を受けに顧問税理士の事務所へ行ってきました。

第4期はチョットだけ増収。経常利益はお陰さまで大幅アップという好決算で。ついについに法人税を初めてまともに支払う事となってしまいました。また第4期目ということで、今迄貰うだけ貰っていた消費税もいよいよ支払う事に…。(当たり前なのですが…)

なんやかんやと税金合算していくと70万近い数字に…。

うーん、今までは最低限しか払っていなかったけど、ちょっと節税対策考えないと、一生懸命働いて稼いだ利益が税金で持って行かれるなんて、なんか勿体ない感じがしてしまいます。

でも、わが社は消費税申告に簡易課税制度っていうのを使っているので、計算上の消費税差額が生じて、30万近い雑所得が経常出来たのです。これは、汗流して稼いだ訳ではないので、特別ボーナスみたいなもんでしょうかlovely

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

管理者研修~報連相の環境づくり

今日から、新シリーズで報連相についての研修が始まりました。

今回の資料作りの中で、冒頭ちょっと調べてみたのですが、報連相、報連相っていうけど、これっていつ頃から、ビジネス用語として定着したのかなぁ~という素朴な疑問を解決しました。

1981年頃、山種証券(当時)の山崎社長さんが報連相という言葉を使い始めたんだそうです。

何でも会社でほうれんそうキャンペーンをやって毎月一日は報連相の日と決めて、生のほうれんそうにメッセージを書いて社員に配ったそうな…。

まだ歴史が浅いんですね。でも、報連相って社会でも習慣で身につけているようなものだし、受手側も発信側もきちっとしたマニュアルはないんですよね。

でも、受け手側が、すぐ怒ると報連相ってしなびちゃうんですよね。これは間違いないことだと思います。いや、多分これが一番の報連相の障害なんだと思います。それと“叱る”と“怒る”の違いでしょうか…?とにかく感情むき出しはダメですよ!

等々、また新たな研修バージョンを作成し、今年度の管理者研修がスタートしました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

なかなかの優れモノ~モノタロウのPH計

PH試験器と言えば、数万円というのが相場でしたが、

なんと4,980円というPH計を発見したのです。

これは、通販サイトのMonotaro(モノタロウ)という会社のものなのですが、

この値段なら、PH試験紙より安いし、一年くらいで使えなくなっても、後悔しないので

買っちゃって見ました。

P6080138

このMonotaro(モノタロウ)という会社は、上場企業なもので、私は株も少々持っているのですが、地震にもめげず、購入価の倍増とうなぎ登りに株価が上昇しているんです。優待目当てなので離す予定はありませんけどね。

PH計だけではなく、ブレードホースや工事材料なども、ここが一番安く揃えられるので、すっかり御用達にしている次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ようやく第三期の決算報告書が完成

2月末で締まった第三期ですが、なんだかんだとずれにずれてようやく最後の決算仕訳がおわり、決算が固まりました。

去年のブログを見直すと、目標前年比130%となっていましたが、結果は売上は125%、売上総利益は130%、経常利益は174%という結果でした。売上は目標ラインに到達しませんでしたが、利益が達成できているので、良しとしましょう!

さて、第四期の目標ですが、売上は前年比120%宣言でも良いですが、利益はボチボチ自分の給料も上げたいので、前年比100%位にしておこうかな。いい加減サラリーマン並みの給料は貰わねば…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

女性アシスタント研修~『文章の書き方のポイント』

今日は、女性アシスタント研修という事で、テーマは『文書の書き方のポイント』というお題で話をしてきました。

昨今は、メールやパソコンにより、誰でも気軽に自由に文書が作成できる時代になりましたが、昔は一つの報告書を作っても、上司の厳しい検閲があり、赤ペンだらけで返ってきて、気が滅入ったものでした。

これも良し悪しなのでしょうかね。赤ペン入れて貰う事によって、知らない間に文章力がある程度はついていたのでしょうが、今やほぼフリーパスですからね。

文章力が極めて低い文書がメールで飛び交えば、ややもすればトラブルにもなりかねません。非常に便利な時代になってきてはいますが、古き良き時代の教育方法も少しは取り入れないといけないのかも知れませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

管理者研修~2011第一回目

昨年はP・F・ドラッカーをずっとやってきましたが、今年はより実践的にということで“部下の育成方法”について、話をしてきました。

この手のテーマをやると、必ず「うちには困ったちゃんがいて、どうしたら良い方向へ導けるのだろう?」というご質問を受ける機会が大きいです。優秀な管理者の方々は大概の手は打っているのですが、いつも『相手の目線に合わせて、接してあげていますか?』との問いには、『…』という感じです。意外と簡単なようで、難しいんですよね。ついつい自分の目線から見てしまいがちで…。考えてみれば、営業だって如何に顧客目線で仕事をしたり、提案したりというのがポイントなわけですから。部下の育成だって同じことなんですがね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

中堅社員研修2011~後輩社員の育成方法

今日は今年初めてとなる研修会の講師です。場所は池袋の産業プラザの研修室でした。

昨年末にも実施した内容だったので、準備は比較的楽でしたし、同じ内容を二回喋りますので、やはり前回よりは少し進歩したかと思います。

でも、ホントこのテーマは結構得意分野かもしれません。何しろ管理職14年間もやって、明らかダメだった時代の自分も経験していますので、失敗談盛り込むとホント説得力があるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

源泉徴収納税を危うく忘れそうに…

今日は、半年に一度の源泉徴収している所得税の納付期限だったのですが、すっかり忘れていて、それでも朝、気がついたので慌てて計算し、納付書作って、納めてきました。危うく延滞金払わせられるところでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年仕事始め

今年の仕事初めは1月4日。世間は挨拶廻りに奔走していますが、私はサラリーマンの時には儀式と思って致し方なくやっていましたが、本音は生産性のない“無用の長物”と思っていました。

故に、私の会社では仕事始めに挨拶廻りは特別にしません。溜まっている書類を必死こいて作成していきました。年越し時点での仕事の溜まり具合は過去最高かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

中堅社員研修2010~後輩社員への育成方法

今日は、今年最後となる研修会の講師を池袋の勤労福祉会館で実施してきました。今日のテーマは、後輩社員の育成方法。育成とか、指導というとなんか管理職の役割のようなイメージが強いですが、私自身、全然管理職前から何故かそういう役回りをさせて貰ってきました。考えてみれば、管理職と後輩社員、もっといえば新入社員そこそこの人間とは大きな断層があり、そこを埋めていくのは中堅社員が筆頭になるべきなんですよね。

ですから、この教育層がしっかりとした階段となって、形成されている企業ほど強い基盤を持っているはずなのです。

…そんなことをほぼ一日喋くりまして、今年最後の研修が終わりました。まずまずの仕上がりになった内容かな?

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧