ダイバー研修二日目

ダイビング研修も今日は2日目。いよいよ実地研修ということで、沖縄の奥武島で実際に潜る練習をしました。

P1000887

まずは、機材の組み方から始まり、降下、浮上、静止などやりましたが、習う事全てが初めての事ばかりで、右往左往…。一番参ったのが、呼吸速度。あまり早く呼吸すると、圧縮空気があっという間に無くなってしまうんですよね。今迄はシュノーケルという空気が大量にというか無制限にある環境の中で泳いでいましたので、全く気にしていませんでしたが、ダイビングの場合は限りのあるボンベですので、スピードをゆっくりしなければならず、これが慣れずに苦労しました。

それでも、何とか付いて行き、予定の講習を終えることが出来ました。

帰りは、奥武島名物“中本鮮魚店”のてんぷらを買いに行くという計らいをダイビングスクールの講師の方がしてくれまして、もづくといかの天ぷらを購入して、お腹が空いていた事もあり、早速食べてしまいました。

P1000889

夜は、またまた牧志公設市場に行き、そしてまたまたメカジキの刺身で一杯!でした。全く毎日でも飽きないんですよ。私は…。

P1000890_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ダイバー研修一日目

前夜の悪夢から一夜明け、眠い目をこすりながら、朝何とか起きて、今日の研修(学科研修)に臨むべく、準備をしておりました。

すると、ダイビングスクールから連絡が入り、ポートのトラブルがあり、本来講師を務める人間がその対応に回らなければならなくなった為、研修の予定は夜に変更して貰い、昼間は市内観光でもしていて下さいという連絡が入りました。昨夜に続き、またまたトラブル!!どうなっているんだ今回の旅行は!と思ったと同時に、一体どんだけトラブルに巻き込まれるのかと不安になってしまいました。

とはいえ、どうにもなりませんので、取敢えず市内観光と言っても足もないし、また昨夜の寝不足もあったので、ホテルで少し仮眠する事にしました。

午後になり、いつまでもホテルでゆっくりしてしても何だし…夜研修という事もあるので早めの夕飯も食べてから行こうということで、国際通りに繰り出しました。

まずは、公設市場通りを散策。もう見慣れた風景ではありますが、新しいお店やら、新しい商品も目に入り、色々物色。今回、ピックアップしたのは琉球醤油屋の塩醤油 中々の逸品で、お湯で薄めて飲むだけでも美味しいのですが、色々なものに合いそうなので、一本購入して来ました。また、ご存じ“海人”Tシャツも色々進化していたので、一着気にいったものを買いました。あとは、沖縄のお線香が目に止まり、これも購入!本土の線香とは異なり、平べったい形状なんですよ。

P1000880  P1000871


そして、散策を済ませた後は、公設市場に行き、夕飯の魚を物色しに行きました。

公設市場は一階の魚屋で購入した魚を二階の食堂で食べれるので、とても鮮度のいいものが食べれます。

P1000874 P1000876


色とりどりの魚達がいるのですが、私はここへ来ると決まって“メカジキの刺身”を食べるのが、定番なのです。脂が乗って最高の味です。

P1000884 これで1000円です。

さて、腹ごしらえも済み、ホテルに戻り、18時にようやくダイビングスクールの車がお迎えにきました。ホテルから15分くらいの所にあるスクールの事務所で研修開始です。

宿題の確認と弱い所を再度教えて貰った後、筆記試験が始まりした。(正直筆記試験があるとは思ってはいませんでした…)50問中38問以上正解で合格という事でしたが、46問正解しまして、筆記は何とかクリアすることが出来ました。

講習が終わったのは、もう22時近く。ホテルに帰って、寝酒を飲んでパタンキューでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

久々の試験勉強

今年の一つの目標『ダイビング免許を取る!』という計画の中、今朝オープン・ウォーター・ダイバー免許のテキスト教材が送られてきました。正直、ダイビングの免許取得にこんな分厚い(約250ページ)テキスト勉強や筆記試験があるとは、とても思っていませんでした。

しかし、時間もないので、朝11時から一気にこのテキストの勉強と問題集をこなし、何とかかんとか一通り頭に詰め込んでみました。

でも、ダイビングって、泳げれば簡単そうですが、意外とそうではないんだということも痛感させられました。シュノーケルなら、水面をプカプカと浮いているだけなのですが、ダイビングとなると、水深何メートルあるいは数十メートルと潜るので、内臓にとんでもなく負担が掛るようです。例えば、肺の中の空気は、水深が深くなれば水圧により圧縮されますし、浮上すれば膨張するというような事があり、これを急激に浮上などしてしまうと一発で窒素が体内に溶け込み大変なことになるようです。

ダイビングを侮ってはいけないと痛感させられました。よく体験ダイビングってありますが、あれはあくまでもインストラクターの方々が、その辺を調整してくれているだけで、なんでも自分自身でやるこのダイビングは操作を誤れば、死に至ることさえあるそうです。

何とか、試験勉強は終わりましたが、また気持ちを引き締め、目標に向かってやっていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|